横浜市のプロパンガス料金
横浜港
料金表引越しの方平均価格集合住宅賃貸戸建住宅都市ガス

この記事では、神奈川県横浜市プロパンガス料金を掲載しています。

当社では、横浜市にお住まいで「プロパンガス(LPガス)料金が高い」とお悩みの方に、地域の最安値や平均価格などを掲載し、ガス料金の見直しと事業者の変更をお勧めしています。

「これから横浜市の戸建住宅に引越しする方の開栓予約」、「横浜市にお住まいの方のガス会社切り替え手続き」どちらも無料で承っています。

ご相談やガス会社の紹介は、すべて無料です。安いガス会社と契約したい方は、気軽にご相談ください。

Inquiry
Webform

この記事は次のような人にお勧め!

集合住宅にお住まい・引越しの方
集合住宅では、プロパンガス会社を選べません。お住まいがアパートやマンションなど集合住宅の方は、専用ページをご覧ください。⇒集合住宅のプロパンガス

横浜市のプロパンガス料金・最安値

代表的な料金プランを掲載しています。
プロパンガスは個別の見積もりですので、ご提案できる料金は環境により異なります。

基本料金:1,500円(税別)従量単価:280円(税別)
 使用量(単位:㎥)請求額(単位:円|税込)
11,958
22,266
32,574
42,882
53,190
63,498
73,806
84,114
94,422
104,730
115,038
125,346
135,654
145,962
 156,270
 166,578
 176,886
 187,194
 197,502
 207,810
 259,350
 3010,890

基本料金が安いプラン(ガスの使用量が少ないお宅向け)

一部のガス会社では、基本料金が安いプランを提供しています。
コンロや乾燥機のみでプロパンガスを利用しているお宅では、基本料金を下げた方が安くなります。
基本料金が安いプランは、一部のガス会社のみ取り扱っています。ご提案ができないこともありますのでご了承ください。
以下は一例ですが、基本料金が1000円や1200円での提案になります。
基本料金:1,000円(税別)従量単価:380円(税別)
使用量(単位:㎥)請求額(単位:円|税込)
11,518
21,936
32,354
42,772
53,190
Inquiry
Webform

プロパンガスは、環境により提案する料金が異なります。⇒提案料金の違い

神奈川県のプロパンガス料金表に戻る

横浜市のプロパンガス平均価格

基本料金:1,880円(税別)従量単価:650円(税別)
使用量(単位:㎥)請求額(単位:円|税込)
55,632
109,226
2016,259

※出典:「石油情報センター」2024年2月 神奈川県横浜中央地域平均料金から計算

※従量単価は10㎥の合計金額から算出(小数点以下は切り捨て)

横浜市のプロパンガス物件に引越しする方

これから横浜市の戸建住宅に引越しする方の開栓予約を承っています。

安いガス会社と契約したい方は、お気軽にご相談ください。

プロパンガスはサービスの特性上、ガス会社を選べない建物があります。

参照:引越し先でプロパンガス会社は選べるのか

受け付けできる「引越しに関する」ご相談内容
  • 持ち家の中古戸建住宅へ引越しする方⇒詳細
  • 賃貸の中古戸建住宅へ引越しする方(オーナーや管理会社に事前の許諾が必要です。)⇒詳細
受け付けできない「引越しに関する」ご相談内容
  • 集合住宅へ引越しする方⇒詳細
  • 建売住宅など、すでにガス会社が決まっている新築住宅へ引越しする方⇒詳細
  • 賃貸の一戸建て住宅で、オーナーからガス会社指定がある方
Inquiry
Webform

横浜市でプロパンガス会社を変更する

横浜市でプロパンガス会社を変更する
横浜港の夜景

横浜市にお住まいでプロパンガス代が高いとお悩みの方は、ガス会社の変更を検討しましょう。

「持ち家の戸建住宅」にお住まいではない方は、まず「ガス会社を選べるかどうか」からご確認ください。

お住まいの建物を確認
プロパンガスは、ボンベから供給されるという特性上、お住まいの建物によりガス会社を変える際の対応方法が異なります。
物件によっては、ご自身の考えだけではガス会社を変更できないかもしれません。

集合住宅ではガス会社を選べない

このページに記載している内容は、主に戸建住宅にお住まいの方に向けた内容になっています。

集合住宅では、一部屋だけガス会社を変えることはできませんのでご注意ください。

お住まいの建物をチェック
  • アパートやマンションなど標準的な集合住宅⇒詳細
  • 分譲マンションなど大型集合住宅⇒詳細
  • 70戸以上の超大型集合住宅⇒詳細
  • 公営住宅⇒詳細
  • 所有している物件を貸し出しているオーナー様⇒詳細

賃貸の戸建住宅ではガス会社が決まっている?

戸建住宅でも賃貸物件では、オーナーからガス会社が指定されている可能性があります。

プロパンガスは、給湯器など建物に備え付けてある設備に関連するサービスです。

賃貸住宅にお住まいの方は、勝手にガス会社を変えることは一般的にはできません。

一戸建ての賃貸物件にお住まいの方
物件によっては、ガス会社が指定されていることがあるため、事前にオーナー又は管理会社に「ガス会社を変えて良いか」をご確認の上でお問い合わせください。
参照⇒戸建賃貸住宅の解説

プロパンガス会社の変更は簡単で無料

プロパンガス会社切り替えイメージ

例外を除き、プロパンガス会社を変更する際に費用はかかりません。

交換するもの
一般的なプロパンガス会社の変更では
  • ボンベ
  • ガスメーター
  • 調整器
この3点と付随する高圧ホースなどを交換します。屋外に設置してある供給設備のみ変更を加えます。

供給設備の交換は、サービス内容に含まれるため無料です。契約手数料のようなお金もかかりません。

初期費用の例外
お住まいの建物が築年数15年以内の物件などでは、ガス会社と長期契約中を結んでいる可能性があります。その場合には、解約に伴い違約金が発生します。⇒ガス会社と長期契約中の方

変更の手続きは代行してもらえる

プロパンガス会社の変更は、とても簡単です。

変更先のガス会社が作業を代行できる
  • 契約中のガス会社へ解約の連絡は不要(代行できる)
  • 撤去したボンベやメーターの返却は不要(代行できる)
  • 給湯器やコンロ、ストーブなどのガス機器はそのまま使える

顧客の作業は、申込書の記入と工事日に行われる供給開始時点検の立ち合いのみです。ガス会社切り替えのご相談は、以下から承っています。

Inquiry
Webform

提案できるガス料金は物件により違う

ご案内できるガス料金はその都度異なる
環境によりご案内できるガス料金は異なる

プロパンガスは、個別で見積もりするサービスです。

ガス会社は通常、状況に応じて提案する基本料金や単価を調整しています。

例えば「ライバル会社が相手なので通常よりも安くして切り替えたい」など、様々な事情が絡んで提案する料金をその都度決定するのです。⇒NG会社の解説

また供給可能距離などの問題もあり、横浜市にお住まいのすべての方に対して掲載している料金でご案内できるとは限りません。

提案できるガス料金は、お客様の環境によって変わります。

よくいただく切り替えに関する質問
  • 料金はどの程度の期間継続するのか?
  • 使用量が少ないんだけど、基本料金が安いプランはないか?
  • 業務用で使用量が多いけど、安くできないか?
などプロパンガス切り替えに関する内容でしたら、まずはご相談ください。

横浜市の安いプロパンガス会社を探す

ガス会社を簡単に探すことができる

ご自身でガス会社を探す場合には、1社ずつ問い合わせなければなりません。お住まいが供給エリア内で、且つ料金が安い事業者を探すとなると手間がかかってしまうでしょう。

ガス会社をお客様の代わりに探してご紹介します。調査や紹介は、すべて無料です。

プロパンガス会社を無料で紹介
  • 横浜市に引っ越すけど、料金が安いLPガス会社を紹介して欲しい
  • 契約中のLPガス会社の料金が高いので、安い会社に変更したい
  • 料金が安いLPガス会社と契約したいけど、どのように調べたら良いかわからない
  • 自分で事業者を探そうと思ったけど、難しかった

など、ガス会社を紹介希望の方は、お気軽にご相談ください。

Inquiry
Webform

料金はLPガス会社が自由に決める

プロパンガス料金は法令で規制されていない
高くするか安くするかはガス会社の自由

プロパンガスは、ライフラインとしては非常に特殊なサービスです。

都市ガスや電力とは異なる仕組みであるため、各事業者や各戸による料金差額が大きい傾向があります。同じ地域のお宅でも、全然違う料金設定のお宅が少なくありません。

プロパンガス料金の特徴
  • プロパンガス料金は、法令により制限されていない
  • 各社によって料金設定が大きく異なる

プロパンガス料金を決める時、行政の認可を受ける必要はありません。設定する基本料金や単価、値上げをする際の時期や金額は、ガス会社が自由に決めています。

同じLPガス会社でも料金が異なる

LPガス料金はお宅により異なる
プロパンガス料金は会社により統一ではない

「同じガス会社でも個々のお宅によって料金が異なる」

これがプロパンガス料金の特徴を決定づけていると言っても過言ではありません。

適用される料金が各戸バラバラ
プロパンガスは「同じガス会社と契約しているお宅でも、異なる基本料金や従量単価が設定されること」が一般的なのです。「A社と契約しているお宅は、すべて同じ料金で統一されている」のではありません。

「お隣やご近所と同じガス会社だから、同じガス料金が適用されている」とは限りませんので、くれぐれも注意が必要です。

値上げする額や基準も統一されていない

同じガス会社でも各お宅で料金が違うかもしれない
同じガス会社でも各お宅で料金が違うかもしれない

プロパンガス料金が各戸で異なることは、ご存知でしたでしょうか?

都市ガスや電力の料金とは違う
金額が公平ではない点においてプロパンガス料金は、都市ガスや電気とは大きく異なっています。
これが私たちが料金の見直しをおすすめしている理由でもあります。

料金が不平等なことをご存知なかった方もいらっしゃるかと思います。

全顧客一斉に値上げされるとは限らない
例えばプロパンガス会社から値上げの通知が来たとして、都市ガスや電気と同じように「他の顧客も共通して値上がりしているから仕方がない」と誤解しているかもしれません。

「ご自宅の料金だけ高くなっている可能性がある」ことにご注意ください。プロパンガス料金の値上げは、全顧客に対して一斉に行われているとは限らないのです。

「ガス会社を変えたらいくらになるのか?」見積もり依頼は、以下から承っています。

Inquiry
Webform

プロパンガス料金の透明化

プロパンガス会社は、料金に対してこだわりを見せない顧客に対して、法外に高い金額を強いることも少なくありません。

ガス会社内で料金調整が行われている
  • 新規で契約する顧客にはできるだけ安く
  • 長年契約していて料金交渉してこない顧客には高く
例えばこのような価格調整が行われていたりするのです。(すべてのガス会社ではありません。)

これは消費者にとって問題ありの状態です。不透明と言われても仕方がないでしょう。

LPガス事業を管轄している経済産業省・資源エネルギー庁は、業界全体の透明性を高めるため様々な施策を行っています。

参照(外部サイト):資源エネルギー庁・LPガス料金透明化に向けた政策

料金交渉や事業者変更が有効
プロパンガス料金の仕組みは、問題を抱えています。料金交渉や事業者変更を行うことで、安くできる可能性があることをご認識ください。

ホームページ上で標準料金を掲載

ホームページを持つプロパンガス会社の多くは、目安となる料金表を掲載しています。

これは経済産業省から要請されているからです。参照(外部サイト):LPガス小売営業の適正化指針

料金プランを使い分けている
プロパンガス事業者は、経済産業省の指導のもと目安となる料金表をホームページに掲載した上で、状況に応じて金額を使い分けています。(すべてのガス会社が掲載しているとは限りません。)

ホームページ上で公開されている料金は、高めの金額が記載されることが一般的。この単価が適用されるとは限りません。参照:標準料金の解説

公開されている価格を見ると、企業によって金額にかなりの差があることがおわかりいただけると思います。

乗り換えでガス料金を安くしよう

LPガス代が安くなる

私たちは、ガス会社を変更して料金を安くすることをお勧めしています。

乗り換えでガス料金を安く
掲載している最安値とご自宅の料金の差額が大きかったお宅は、ガス会社の切り替えを検討しましょう。
例外を除き、事業者を切り替える際に費用は一切かかりません。またガス機器もそのまま使用することができます。
教えていただく情報
  • 横浜市に続くご住所
  • 現在契約しているプロパンガス会社
  • 直近のガス使用量、請求額
  • お住まいの築年数(長期契約中でないかの確認)
  • 契約中のガス会社との経過年数

お問い合わせいただいた際には、上記の内容を伺います。ガス会社乗換希望の方は、明細をご用意の上でお問い合わせください。

Inquiry
Webform

行政区別のプロパンガス平均価格

鶴見区神奈川区西区
中区南区保土ケ谷区
磯子区金沢区港北区
戸塚区港南区旭区
緑区瀬谷区栄区
泉区青葉区都筑区
※横浜市内の各区の最安値料金は同一です。平均価格のみ区によって異なります。

横浜市では全域で都市ガスが利用できる

横浜市の都市ガス普及状況
よこはまコスモワールド
横浜市では、全域で都市ガスの導管が整備されています。「一般ガス導管事業者」と呼ばれる導管を整備した企業は、国内最大手の東京ガスネットワークです。
都市ガスの自由化
2017年4月に都市ガスも自由化されましたので、他社へと変更ができるようになりました。
都市ガスの小売事業は、企業が自由に小売り事業を行うのではなく、事前に「小売事業を営む地域」や「管轄の一般ガス導管事業者」ごとに経済産業省へ届出し、認可を得る必要があります。

認可を得るための内容が、参入事業者にとって高いハードルとなっています。

つまり新都市ガス事業を行うためには、ある程度の企業規模が必要になってしまうのです。また一般的に新都市ガス事業は、薄利と言われています。

そのため都市ガスは、新電力のように多くの会社の中から選ぶことができる状態ではなく、変更先候補がかなり限られています。⇒横浜市の都市ガス小売事業者一覧

都市ガスを引き込んでいない建物もある

横浜市は、430平方キロメートルを超える広大な面積を持っています。

市域には、山間部や起伏が激しい丘陵地帯なども含まれているため、都市ガスの導管が敷設されていない道路も存在しています。

全域が都市ガス供給エリアの意味
「全域が都市ガスの供給エリア」と記載しましたが、これはあくまでも横浜市内のすべての地区で「一部であったとしても」導管が敷設されているという意味です。
「横浜市内のすべての道路に都市ガスの導管が敷設されている」のではありません。

横浜市内であっても、プロパンガス供給やオール電化の物件など、都市ガスを引き込んでいない建物は多くあります。

新築住宅などで、都市ガスを新たに引き込みたい方は、一般ガス導管事業者である東京ガスネットワークへお問い合わせください。

横浜市のプロパンガス普及状況

横浜市のプロパンガス普及状況
横浜中華街
横浜市では、都市ガスが全域供給されています。利用率としては都市ガスが圧倒的に高く、プロパンガス利用率は10%に至っていないと推測されます。
しかし横浜市は、人口が極めて多いことから「需要家数」で見るとプロパンガスを利用している方が多くいらっしゃいます。
横浜市内にLPガス事業者は多数ある
横浜市内に営業所を構えるプロパンガス事業者は多数あり、消費者としては多くの選択肢から選ぶことができます。料金に関しても、全国的に見ても最安値水準で切り替えの提案ができる地域です。

都市ガスの場合には、切り替え先候補が限定されるということは上述しました。プロパンガスの場合には、煩雑な申請を行う必要はなく、変更先企業の選択肢には困りません。

横浜市は桁違いの人口を誇っているため、プロパンガスの市場としても重要視されており、市内に営業所を構える事業者は多くあります。

横浜市でプロパンガスから都市ガスへ変更する

横浜市で都市ガスを新たに引き込みたい方は、一般ガス導管事業者である東京ガスネットワークへ連絡しましょう。

「引越し先の物件選び中」や「プロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討している」など、両者の金額を比べたい方は、別ページで料金比較を掲載しています。

横浜市では、プロパンガスを安く使用することができます。戸建住宅にお住まいの方であればプロパンガス会社を変更する選択もあるでしょう。

横浜市の都市ガス詳細情報
都市ガスとプロパンガス料金の比較表や供給エリアなどをこちらのページに記載しています。
プロパンガスと都市ガスどちらが安いのか知りたい方はご覧ください。

都市ガスとプロパンガス料金の違い

都市ガスの場合には、事業者を変更したとしても、そこまで大きな金額差にはなり得ません。

都市ガス料金は公平
元々の東京ガスの料金は一定であるため、切り替えたとしても差額は限定されます。
また都市ガスは導管から供給されます。変更先の事業者は、導管の所有者である東京ガスネットワークに対して、託送料金と呼ばれる「導管のレンタル料金」を毎月支払うため、おのずと金額差は狭くなります。

新都市ガスの事業者は、極端に安い料金を提示すれば赤字になってしまいますし、かと言って高い料金設定ではそもそも顧客を獲得することができないでしょう。

都市ガスは、切り替えたとしても大きな差額にならないような仕組みになっているのです。

プロパンガスは切り替えによる金額差が大きい
一方でプロパンガスの場合には、全く事情が異なります。
料金に対する規制がないことから、事業者の独断で単価を決めることができてしまいます。

このことから、極端に高く設定されているお宅が現れることになり金額差が大きくなるのです。このページに掲載している平均価格と、ご案内可能な最安値価格の金額差が大きいことにはこのような事情があります。
これは「ガス会社による違い」だけではなく、「同じガス会社の顧客同士」であったとしても起こりうる状況です。

プロパンガス会社は、一般的に複数の料金プランを用意しており、それぞれの顧客の状況により使い分けています。つまり「高い顧客」と「安い顧客」が同じガス会社内でいるのです。

定期的に見直すことが重要

ご注意していただきたいのは、長い間料金を気にされていなかったお宅です。

横浜市の平均値から推測すると、高い料金設定を強いられているお宅が未だに多くあると考えられます。

事業者は決して変更しなければならない訳ではありませんが、料金が大幅に安くなるお宅であれば、切り替えすることをお勧めしております。

定期的に料金をチェック
横浜市にお住まいでプロパンガスをご利用のお宅は、ご自宅の料金が高騰していないかどうかを定期的にチェックするようにしましょう。

切り替えの申し込みは、当社でも承っています。料金を安くしたいけど、どの事業者を選んだらよいのかわからないというお客様の声を多くいただきます。

プロパンガス会社の変更を検討する際は、お気軽にお問い合わせください。

横浜市の概要

横浜市は、神奈川県の東部に位置している都市。

県内で最も広い面積を持つ自治体であり、人口はおよそ370万人と、他の市町村とは桁違いの規模を誇る巨大都市です。横浜市は、単体で四国全体の人口を上回っているほか、多くの府県を超える人口を誇っています。

横浜市の規模
横浜市自体が一つの都道府県と同等の規模を持つ自治体であり、人口密度は極めて高い数値を示しています。
日本国内の「市」としては最大規模で、大阪市名古屋市など、名だたる大都市の人口よりも100万人近く上回ります。

横浜市が誕生したのは、1889年(明治22年)のことです。明治期に入り市制制度が開始されると同時に誕生した市であり、他の31都市とともに、日本で一番古い「市」となります。

横浜市がこのように大きな発展を見せている要因として、一つは首都に近い位置にあること、もう一つは港町として良好な位置にあることが挙げられるでしょう。

横浜市の規模
もともとこの地は、東海道の要衝として賑わいを見せていましたが、本格的な発展が始まるのは江戸時代の末期に鎖国が解かれたことが契機になります。
当時アメリカとの間で締結された日米修好通商条約において、横浜は開港場として指定されました。その後、多くの外国人が居住しはじめ、交易の中心地として急激に発展することになります。
明治期には、外国人が逗留する地として洋風の建築物が多く立ち並び、地域は独特の雰囲気を持つようになります。

戦時中の1942年に人口が100万人を超え、戦後の高度成長期には爆発的に増えていきました。現在でも外資系の企業が多くオフィスを持つのは、明治期の流れを汲んでいるからでもあります。市内は横浜ならではの独特な文化が営まれています。

広大な市域は18の行政区画に分けられ、それぞれが別の顔を持っています。内陸は住宅が密集するベッドタウンとしての面を持つ一方、東京湾岸の区域は大部分が埋め立て地で形成され、京浜工業地帯の一角として大規模な工場が多く立ち並びます。

一方で観光地としての人気も高く、上述したような異国情緒を漂わせる地域や、自然公園など多くの人気スポットを持ちます。

年間の観光客数はおよそ4000万人といわれており、その多くが日帰り客となっています。利便性を生かして、都心部などからの来訪客が多いことがうかがえます。

プロパンガス切り替えに関するQ&A

横浜市で一番安いプロパンガス料金はいくらですか?

基本料金1500円、1㎥あたりの単価280円(税抜)です。

ただプロパンガス料金は個別の見積もりになるので、環境によって上下します。詳しくはお問い合わせください。

相談料や紹介料のような料金はかかりますか?

ご相談の受付から調査、事業者の紹介まで費用は一切発生いたしません。

仮にガス会社を変更されなかったとしても費用はかかりません。

ガス会社を切り替えるにあたり、費用は発生しますか?

通常の切り替えでは、費用は発生いたしません。プロパンガスの切り替えでは、契約手数料や工事費用は無料です。

例外として、現在契約中の事業者と長期契約期間中の場合、違約金が発生します。

相談する際、詳しい住所を伝える必要はありますか?

プロパンガスは個別の見積もりになるサービスです。例えばリフォームの見積もりと同じように、詳しい住所までお伺いした上で料金の提案をいたします。

また、ボンベが問題なく配送可能かどうかの確認も含めて、詳しいご住所を教えていただきます。

相談する際にお伝えした住所などの情報はどうなりますか?

いただいたお名前、住所、電話番号などの個人情報は、ご相談いただいた内容の提案目的以外では使用いたしません。

なにか別の目的の勧誘があるということはございません。

引越し先の開栓予約をしたいのですが、申し込みできますか?

引越し先の申し込みも承っております。

ただ引っ越し先の物件状況が重要になりますので、引越し先のプロパンガスをご確認の上でご相談ください。

ガス会社を切り替える際、物理的には何を変更するのですか?

絶対に交換するものは、ボンベとメーター、調整器などの供給設備です。

新しいボンベとメーターの設置、さらに旧ガス会社の物の撤去は同時に行いますので、ご不便をかけず切替が可能です。

また通常の場合、旧ガス会社への解約通知、撤去したボンベやメーターの返却は、切り替え先のガス会社が代行いたします。

掲載している料金で切り替えできるのですか?

個別の見積もりになりますので、必ずしも掲載している料金でご提案できるとは限りません。

料金が安くなるのは良いのですが、すぐに値上がりしませんか?

提案した料金がどれくらいの期間継続されるのかについては、ご紹介した先のガス会社の方針によって異なります。一概にお約束することはできかねますのでご了承ください。

詳細は、ガス料金を提案する際に個別でご案内いたします。

貴社はガス会社ではないのですか?

当社はガス供給事業者ではなく、ガス会社を紹介する代理店です。10年以上プロパンガスの取り次ぎ業務に携わっております。ご相談いただいた住所に供給可能で最もお得になるガス会社をご紹介いたします。

ただ当社が日本国内すべての事業者と提携している訳ではございません。当社が提携しているガス会社の中での提案となります。

現在契約中のガス会社に切り替えを検討していることを知られたくないのですが。

ご契約中の事業者に当社から連絡をすることはございません。

いただいた個人情報や相談内容は、お客様の許可なく他の目的では使用いたしません。

Inquiry
Webform