LPガス物件オーナー様
現状の設備投資切替手順入居者のガス料金大型物件

このページでは、プロパンガス供給物件オーナー様に向けた情報を掲載しています。

プロパンガス料金は個別に決められるため、物件によってはとても高く設定されることがあります。

ここでは、入居者に適用されるガス料金やオーナーに提案できる特典について触れています。

ガス会社変更のご相談も承っていますので、ご興味をお持ちいただけましたらお気軽にご連絡ください。

物件オーナーへの設備投資はできない?

これまで業界内では、ガス会社からLPガス供給物件を所有するオーナーに対して、給湯器などの設備費用を負担する「設備投資」が一般的なサービスとして提供されてきました。

しかし設備投資による入居者のガス料金へのしわ寄せが問題となり、2024年7月2日に液化石油ガス法施行規則の一部改正が施行されます。

この法令改正により、従来通りのオーナーに向けた設備投資が禁止されます。またガス会社を変更する際に発生する違約金の負担も難しくなると考えられます。

具体的にどのようなサービスができなくなり、どの程度であれば可能なのかについては、法令が施行された後に大手各社の動向にあわせて、業界内での認識が定まっていくと考えられます。

現在の認識としては、オーナーとガス会社が長期契約を結ばなければならない利益供与が難しくなると捉えられています。長期契約を結ばない範囲内でのサービスであれば、事業者の判断により提供できるかもしれません。

ご相談を承ることは可能
現状においては、設備投資のご相談を承ることは可能です。
ただし法令改正直前ということもあり、すでに設備投資を行っていない事業者も多数あります。ご要望に沿えるかどうかは、お約束できかねますのでご了承ください。

LPガス事業者の切り替えは通常無料

一般的なプロパンガス会社の変更では、発生する初期費用はございません。

絶対に交換する必要があるものは、屋外に設置されているボンベやメーター・調整器などの供給設備です。この交換費用は、サービスの範疇に含まれています。

また調査費や工事費用などの料金も一切かかりません。

オーナーの費用負担は0円とご認識ください。

バルク供給の物件
大型の集合住宅では、一般的に使用されているボンベではなく、バルクと呼ばれる大きなタンクから供給されている物件もあります。バルク供給の物件でも問題なく切り替えできます。

違約金は肩代わりできるかもしれない

長期契約中の違約金
現在供給しているプロパンガス会社との契約に残存期間があると、解約に伴い違約金が発生します。金額によっては、違約金を切り替え先ガス会社が負担することが可能です。

違約金を負担できるかどうかは、物件の状態やガス会社の方針によって異なります。

契約期間が残っていることを認識されている場合には、契約内容を事前にご確認いただいた上でお問い合わせください。

上記した法令改正がありますので、違約金負担が可能かどうかは、事業者により判断が分かれることが考えられます。100万円を超えるような多額の負担は難しいでしょう。

供給するLPガス会社を切り替える

当社では、お持ちの物件に供給するガス会社変更のご相談を承っています。物件オーナーは、ガス会社を変えることにより何らかの利益を受けることができます。

もしもご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ当社まで調査をご依頼ください。

  • 現在ご契約中のLPガス事業者
  • 物件の住所
  • 物件の規模や間取り、築年数などの詳細
  • 長期契約をされている場合は、残存期間など契約の内容

お問い合わせいただいた際には、以上の事項を伺った上で調査を開始いたします。 調査や見積もりは無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
Webform

入居者や管理会社への切り替え通知

各戸へのお知らせはLPガス会社が行う
入居者と管理会社へのお知らせはLPガス会社が代行

供給するガス会社を変更する際には、入居者への通知をしなければなりません。

事業者が変わるので、ガス代の支払先が変わります。クレジットカード決済や銀行口座引き落としの設定をしている入居者は、登録し直す必要があります。

また事業者の切り替えに伴い緊急を含めた連絡先も変わります。物件を管理している不動産会社との連携も必要です。

変更先ガス会社が通知を行う
一般的に入居者や管理会社への通知は、オーナーから申込書と解約手続きの委任状を記入していただき、現供給会社に通知をした後に切り替え先のガス会社が行います。
各部屋に対して訪問または手紙を投函し
  • ガス会社が変わる旨の案内
  • 切り替え日やガスが止まる時間帯
  • 供給契約書や支払方法の登録用紙の記入
  • ガス料金や連絡先などのお知らせ
などの必要情報を入居者へ通知いたします。

一般的な切り替えでは、オーナーから現供給会社や入居者へ連絡していただく手間は発生いたしません。すべてのお知らせを、変更先のガス会社へ委任できるのです。

集合住宅の変更手順に関しては、別ページで詳しく記載しています。⇒集合住宅のLPガス会社変更の流れ

各部屋のガス機器はそのまま使える

プロパンガスの成分は統一されている
プロパンガスの成分は統一されている

プロパンガス会社を乗り換える際、現在設置されているメーターとボンベ(またはバルク)などを新会社のものへ交換します。

宅内のガス機器はそのまま使える
LPガスの品質は、どの会社も共通です。従って各部屋に設置されているガス機器に関して、設定などは不要でそのまま使うことができます。

交換作業中のみガスが使えなくなりますが、その注意は事前に行います。作業日時などに関しては、オーナーとガス会社が調整を行い決定します。

切り替え工事は週末が多い
プロパンガス会社を変更する際、切り替え先の事業者は「供給開始時点検」を行わなければなりません。
この点検は、宅内のガス機器点検も含まれるため入居者の立ち合いが必要です。
従って集合住宅の切り替え工事は、在宅率が高い週末に設定されることが通常です。
参照:供給開始時点検の解説

入居者はガス料金が高くて困っている?

各都道府県別空き家率
各都道府県別空き家率

アパート経営するオーナーにとって「総合的に見て物件を優良に経営すること」を最優先するべきであるのは、言うまでもないでしょう。

少子高齢化社会
近年は国内全体で少子高齢化が進み、かつてのように物件を建てれば入居希望者が現れる時代ではなくなってきています。
多くの方は、何かしらの改善点や要望を抱えてこのページをご覧になっているのだと思います。現状で完全に満足しているオーナー様は少ないでしょう。

物件の入居率を上げる、そして退去率を下げることが優先されるなかで「プロパンガスを利用するメリットとデメリット」を見極めることが大切です。

優先するべきガス料金

空き家率の推移
空き家率の推移 出典:総務省統計局

オーナー様に特に留意していただきたい事項として、入居者のガス料金を第一に挙げたいと思います。

物件とは離れた場所で暮らしているオーナー様はもちろん、近くにお住まいであっても、同一の建物でない限り各戸のガス料金を逐一把握している方は、極めて少ないでしょう。

ただ居住者にとって毎月かかるガス料金は、家賃と同じくらい重要な要素であり、とても気にしている事項なのです。

プロパンガスが高くて困っている入居者は多い
当社は集合住宅にお住まいの方から「ガス代を安くしたい」というご相談を非常に多くいただいています。中には、「ガス代が高いから家で風呂に入らずに銭湯へ行っている」という方もいらっしゃいました。
「ガス料金に関して不満を持っている入居者は多い」ことに十分ご注意ください。

特に一人暮らしなど経済力のない方は、ガス代が高くて本当に困っている方が多くいらっしゃいます。

集合住宅の入居者からいただいた口コミなど、プロパンガスに関するご意見を別ページにまとめていますので参考としてください。

プロパンガス料金は法律の規制がない

プロパンガス料金は、法律による規制がありません。従って各部屋のガス料金(1㎥あたりの単価や基本料金)は、事業者の一存によって決定されます。

また賃貸住宅の居住者は、自身の意思でプロパンガス会社を変更することができません。

そのためガス料金への不満がそのまま退去の意思へと繋がりやすいのです。 特に都市ガスと混在している地域の物件では、十分に注意する必要があるでしょう。

設備投資を受けていなくてもガス料金が高い
プロパンガスは自由料金制であるため、多くの事業者が実現可能なギリギリの価格までガス料金を下げていないのが実情です。
自社の利益を過分に設定した単価で供給しているケースが多く、ほとんどの物件では安くする余地が残されています。

集合住宅のプロパンガス料金は相場が高い

一戸建てと比べると、集合住宅のプロパンガス料金は相場自体が高いのが実情です。

戸建住宅は、料金を高く設定し過ぎると他社に切り替えられてしまうリスクがあるのに対し、集合住宅はその可能性が低いのです。

そのためオーナーや管理会社が料金交渉を行っていない物件では、驚くほど高値に設定されていることがあります。

「入居者のガス料金を見直す」という点だけでも、ガス会社の変更を検討する価値は十分にあるでしょう。

大型集合住宅のオーナー

大規模集合住宅はプロパンガス代を安くできる
ファミリーマンションはプロパンガス会社にとって良顧客

アパートなど小型の集合住宅では、どうしても戸建と比べてガス料金が高くなってしまいます。

ただ大型の集合住宅は、必ずしもこの限りではありません。

大型集合住宅のプロパンガス料金
分譲マンションでも同様なのですが、大規模な集合住宅では逆にガス料金をとても安くすることができるかもしれません。

プロパンガス事業者にとって集合住宅の契約は「まとまった顧客を確保できる」という点において重要視されています。その中でも、大型のファミリーマンションに関しては、特にその傾向が強いのです。

実はワンルームなど単身用の集合住宅では、ガス代の滞納が発生する確率が高く、事業者によっては敬遠されてしまいます。なかには「ワンルームの集合住宅は、新規獲得しない方針」のガス会社もあるのです。

滞納が発生すると催促やガス止めの通知、さらに実際のガス止めや再開の作業を行わなければなりません。またそれに伴うクレーム対応なども含まれてしまうため、一部のガス会社は単身(一人暮らし)用集合住宅の獲得に対して消極的です。

ファミリータイプの集合住宅は良い顧客
それに比べてファミリー用のマンションでは、滞納が発生する確率が極端に下がります。家族世帯では、ガス代の未払いは発生しづらく、あったとしてもガス止めにまで発展するのは稀です。
つまりファミリー用の大型集合住宅は、ガス会社にとって「良質な顧客を多数確保することができる」ことから極めて重要視されているのです。

ファミリーマンションのガス料金は、設備投資を行ったとしても戸建住宅と同水準またはより安くできることも少なくありません。

お持ちの物件が家族用の間取りである程度の戸数があるようでしたら「とても良い条件を提示できる可能性がある」とご認識ください。詳しくは、専用ページで解説しています。

オーナーと管理会社の関係

建物を管理する不動産会社は、入居者がいなければ商売になりませんが、入退去が繰り返されることによって仲介手数料などで利益を出すことができます。

つまり現入居者が退去することが、管理会社にとって必ずマイナスになるとは限りません。

入退去が行われる際、敷金もしくはオーナー負担でその都度クリーニングが行われます。しかし管理会社には、そのリスクは発生しません。 必ずしもオーナーと完全に利害が一致しているとは言えないのです。

管理会社とガス会社が提携するケース
近年では、「管理会社とプロパンガス会社」が提携することが増えています。
両者が提携することが必ずしも悪いことではありませんが、管理会社としては「なるべくガス会社を変更したくない」という力が働いてしまうことがあります。

プロパンガス会社との対応を管理会社に全委任しているオーナー様は、入居者がガス料金などに対して不満を持っていないかなどを注意する必要があるでしょう。

当社はLPガス取次代理店

オーナー様に代わりプロパンガス会社を探します
ご相談いただければガス会社探しが簡単です

株式会社newcreateは、LPガスの取次代理店です。

LPガス業界で10年以上の業務経験があり、ガス料金が安い事業者などの情報を持っています。

当社にご相談いただくメリット
複数のLPガス事業者と提携していますので、物件の詳細とご要望を伺った上で、その中から最適な事業者を提案いたします。相見積もりのご要望も承ります。
オーナー様ご自身でガス会社を探すよりも、より手軽に他事業者のサービスと比較できることをお約束いたします。

ガス会社を変更する、または契約中のガス会社とサービス内容について再認識する機会をつくることで、現在よりも良い状態にできる可能性は十分にあるでしょう。

ガス会社の変更を検討する際には、ぜひ当社までご相談ください。

Inquiry
Webform

プロパンガスだからできるサービス

プロパンガスは地域密着型サービス
プロパンガスは地域に寄り添う

所有する物件のエネルギーにプロパンガスを採用していることで、建物の外観や機器の劣化状況など、ガス会社が把握できる情報をオーナーと共有できることがあります。

離れた場所に物件を所有しているオーナー様はもちろん、近くに住んでいる方でも、所有者ではわからない情報を知ることができるかもしれません。

これはプロパンガスが定期的にボンベ交換をする必要があるなど、地域密着型のサービスであるからこそできることです。

これらは、担当者が自発的に教えてくれる可能性は低いかもしれません。普段から担当者とできる限りコミュニケーションをとっておいて、なにかあった際に連絡が来るような関係を築いておくことが望ましいでしょう。

女性が部屋選びの決定権を持っている?

都道府県別空き家率
出典:総務省統計局

住まい探しの決定権を持っているのは、多くの場合で女性だと言われています。

ファミリーの場合はもちろん、夫の単身赴任先の住まいを妻が決めるというケースも多いようです。

女性の目を意識
子供が一人暮らしをはじめる際にも、母親が決定権を持つという機会が多くあります。従って入居率をあげるためには、女性の目を意識することがとても大切だと言えるでしょう。
内装はもちろん、外装もきれいに保つことがとても重要です。

オーナーに対する臨機応変な対応は、プロパンガスだからこそできることなのです。せっかくお持ちの物件にプロパンガスを導入しているのですから、その権利を最大限まで利用しましょう。

土勢育孝

どせ やすたか

株式会社new create 代表取締役

執筆者

このページの記事は、私が執筆しました。
プロパンガス関連業務に10年以上携わっております。
これまで、多くのオーナー様からご相談を承っています。物件に合わせた提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
お電話でご相談いただく際には、私をお呼び出しください。

記事執筆者

よくある質問

築年数が古い物件なのですが、切り替えできますか?

築年数が古い物件でも切り替えの提案を行うことは可能です。

相談料や紹介料のような料金はかかりますか?

ご相談の受付から調査、事業者の紹介まで費用は一切発生いたしません。

プロパンガス会社を変更する際、物理的には何を行うのですか?

絶対に交換するものとしては、ボンベ(またはバルク)とメーターの2点です。

新しいボンベとメーターの設置、さらに旧ガス会社の物の撤去は同日に行いますので、お住まいの方にも不便をかけず切替が可能です。

また、旧ガス会社への解約通知、撤去したボンベやメーターの返却は、切り替え先のガス会社が代行いたします。

調査とは、どのようなことを行うのですか?

物件を外から見させていただく外観調査が必須になります。建物やガス機器の状態、ボンベが問題なく配送できるかどうか道路状況などを確認いたします。

ケースによってはお部屋の中を見させていただく内部調査が必要になります。その際には、空室状況などをお伺いし、許諾をいただいた上で実施いたします。

入居者への通知はどうなりますか?

事業者を変更することが決定した後に、切り替え先のガス会社から入居者へ、供給会社が変わる旨と支払方法登録の依頼を通知いたします。

管理会社との連携に関しても同様です。

現在契約中のガス会社に切り替えを検討していることを知られたくないのですが。

ご契約中の事業者に当社から連絡をすることはございません。

いただいた個人情報や物件情報は、許可なくガスの切り替え提案の目的以外には使用いたしません。