プロパンガス商談

このページでは、プロパンガスを使用している集合住宅のオーナー様に向けた情報を掲載しています。アパートやマンションなど集合住宅のオーナー様で、お持ちの建物にプロパンガスを導入されている場合、ガス会社を乗り換えて頂くことによって様々な特典をご提案することが可能です。

サービス内容に関しては物件の状態などによって異なりますが、いずれもオーナー様の設備費用負担を軽減することができる内容になっています。 少しでも費用負担を減らしたいということは、オーナー様であれば、みなさまお考えのことかと思います。ガス事業者を乗り換えることは、非常に大きなメリットを生むことになります。負担軽減のみではなく、設備を新しくすることによって、物件価値や入居率上昇の一助となることでしょう。 また事業者を変更することによって、入居者が負担するガス料金を安くすることも可能です。

以下にご提案可能な内容を記載しますが、あくまでも一例になります。 環境によって提案内容は異なりますので、ご興味をお持ち頂けましたらお気軽にご相談ください。

※下記の一覧全てを無償で実施可能ということではございませんので、あらかじめご了承ください。

プロパンガス物件オーナーのメリット

①全戸のプロパンガス料金の値下げ

プロパンガス喜ぶ女性ガス事業者を変更することによって、ほとんどの場合で値下げすることが可能です。入居者様にとって最も嬉しい特典となるでしょう。

賃貸物件では、入居者様の満足を得られるかどうかが非常に大切な要素となるのはご存知の通りです。 入居者様の満足度が向上することによって、入居期間や退去率への好影響を期待することができるでしょう。

集合住宅でのプロパンガス料金は、都市ガスや一戸建てのプロパンガスと比べて高めに設定される傾向にあります。実際に声を上げなかったとしても、潜在的に「ガス代が高い」と感じている入居者は多いのです。当社へも「ガス代をどうにか安くできないか」という入居者様からのご相談を多くいただいております。 集合住宅のプロパンガス料金は、必要以上に高い料金設定を行う事業者が多く、ほとんどのケースで料金を安くできる余地が存在しているのです。

ガス会社を変更することにより複数社を競わせ、できる限りガス料金を下げることができるのです。


②給湯器の修理や交換の無償対応

プロパンガス給湯器給湯器が故障した場合、ガス会社の負担で修理を行う、または最新式のものとの交換します。

給湯器の無償対応は、ガスと直結する機器ということもあり、最も広く提供されているサービスです。現在、給湯器の無償対応を受けていないオーナー様は、交換費用分を損しているかもしれません。

給湯器に関して、近年ではエコジョーズなど、省エネとエコを両立しつつ、さらに多機能化したものが開発されています。 床暖房や乾燥機などの機能を備えたものも販売されていて、給湯器はもはや「お湯を沸かすだけ」のものではなくなりつつあります

また給湯器を新しい機種に変更することで、熱効率が上がり効率よくお湯を沸かすことができるようになります。入居者様のガス使用量が下がるという効果を期待することも可能。 必ずしも最高級の機種を提供できるとは限りませんが、入居者様が必要とされている最低限の機能を備えた給湯器を提供することができます。 修理が可能なケースでは、修理のみの対応となりますが、老朽化している機種の場合には交換対応することになります。


③マイコンメーター、ガス漏れ警報器を設置

プロパンガス警報器近年ではガス漏れ事故の件数は減少していますが、万が一のことを考えて、警報器をつけておいた方が入居者様も安心して暮らすことができるでしょう。ガス漏れ警報器は、家電量販店やホームセンターなどで市販されていますが、取り付け作業が苦手な方もいらっしゃるかと思います。 設置から動作確認までをガス会社の専門スタッフが行うので安心です。 警報器に関しては、安価で仕入れることができるということもあり、多くの場合には付加サービスとすることができます。

マイコンメーターとは、ガス使用量の計測や消し忘れ、大地震などの災害時に、自動的にガスを遮断する装置です。 マイコンメーターを取り付けることによって、ガス事故が起こる可能性を大幅に低下させることができるのです。 また、最新のメーターには監視装置も付属していることから、ガスの使用量を計測するだけではなく24時間、365日安全を見守ってくれます。物件によっては古いメーターを使用していることもあるため、最新式のメーターに取り換えることにより様々な利点があります。


④風呂釜を追い炊き付に変更

プロパンガス風呂釜風呂の追い炊きは給湯器に備えられていることもある機能ですが、ここでは風呂釜の機能を指します。

お湯を張り替えずに追い炊きすることによって、もちろん節水になる上、ガス代の節約にもつながります。ご家族でお住いのお宅に重宝される機能ですが、単身者の方でも追い炊き付きにこだわる方も多いようです。長くお風呂に入る方は、冬場には途中でお湯がぬるくなってしまいます。そんな時、追い炊き機能が役に立ちます。

追い炊き機能付きの風呂釜に関しては必ず付属できるとは限りませんが、場合によっては「風呂釜自体」を新しいものに交換対応することも可能です。

また古い物件でバランス釜を使用している場合でも対応可能です。バランス釜のお風呂は、近年では数が非常に少なくなっているため修理対応が難しい上、入居者から敬遠される傾向にあります。プロパンガスの物件であればほとんどの場合、無料で一般の風呂釜に変更することができます。


⑤インターホンをモニター付のものにグレードアップ

プロパンガスインターホンインターホンが画像付きになると、誰が訪ねてきたのか一目でわかります。ドアを開ける必要がなく、相手を確認できるということは、防犯上で非常に大きな効果があります。

また、迷惑な勧誘なども断りやすいので、特に女性の入居者様には求められる方も多いでしょう。

最新機種では、宅内の固定電話やスマートフォンで画像を確認することができるという便利なものもあります。無償サービスで最新機種ということは難しいかもしれませんが、入居者の方に喜ばれるものであることは間違いないでしょう。

モニタ付きインターホンに関しては、ガス会社の費用負担が少ないことから、付属できる可能性が高いサービスです。


⑥エアコンを最新のモデルに交換

プロパンガスエアコンプロパンガス会社を乗り換えた時に空室の部屋は、新しい機種に交換することができます。

また、乗り換え時に入居中の部屋でも、空室になったタイミングで交換します。高価なもので、頻繁に変更できるものではないため、古くない機種であった場合には修繕・クリーニングで済ませることもありますが、いずれも無償で行います。

エアコンの交換は給湯器と並び、設備費用の中で大きな割合を占めています。入居者様にとっても暮らしていく上で絶対に必要なものであるため、素早く対応する必要に迫られてしまいます。エアコンの無償対応は、物件によっては対応することが難しいこともありますが、ガス会社負担に移行することができれば大きな負担軽減になるでしょう。

エアコン交換を自費で行っているオーナー様は、一度お乗り換えを検討されることをお勧めします。


⑦トイレをウォシュレット機能付に交換

プロパンガストイレ近年ではビルのトイレなどで、ウォシュレットが広く導入されています。そのため、職場ではウォシュレットだから、自宅でも慣れているウォシュレットを希望される方も多いようです。

しかしトイレ交換も高価であると同時に、ある程度の規模の工事が必要であるため、なかなか手をつけられないオーナー様も多いかと思います。ご希望の場合には、最新式のトイレに変更する手続きをすべて代行することが可能です。

また、トイレ室内に電源コンセントが無い場合でも無償で工事を行います。 ウォシュレットは、実は求めている方が多い機能のようです。


⑧一体型の集合ポストを設置

LPガス集合ポスト集合ポストは、建物の入り口にあることから非常に多くの人の目に触れることになります。

入居者はもちろんですが、通行する方から内見に訪れる方まで、意外と集合ポストを気にされているようです。古いポストを使用されている場合には、交換することをお勧めしています。エアコンや給湯器などと比べると、そこまで高価なものではないため、集合ポストの交換は付帯できる事業者が多くなっています。

プロパンガスは自由なサービスですので、このようにガスとは直接関わりのない設備に関しても条件が合えば負担を依頼することも可能です。


⑨ゴミ集積BOXを設置

ダストボックス野良猫やカラスなど動物対策には、ゴミの集積ボックスが必須の設備です。ゴミが散乱してしまうと、入居者はもちろんご近所にお住いの方も不快な気持ちになってしまう上、トラブルにも発展しかねません。

また、特に女性の入居者にとっては防犯効果という側面もあり、安心できる設備であることは間違いありません。設置スペースなどの問題もありますが、集積ボックスが未設置の建物であれば導入を考えても良いでしょう。


⑩事業者切り替えの際、費用は通常かからない

プロパンガスの会社変更は非常に簡単で、ガス会社乗り換えに関して、発生する初期費用はございません。

絶対に交換する必要があるものとしては、屋外に設置されている「ボンベとメーター」の2点となります。その他、上述したような設備をどこまで対応できるか調査し、打ち合わせの上で決定することになります。期間としては2~4週間ほどあれば十分でしょう。

また、現在契約されているプロパンガス会社との契約に残存期間があると、解約に伴い違約金が発生することになります。そのような場合にも違約金等を当方(ガス会社)で負担することが可能です。 乗り換え先のガス会社としては、違約金の負担分を踏まえた上で、上述の設備投資をどこまで行うかを判断することになります。

Inquiry

Webform


上記は代表的な特典の一覧を記載していますが、掲載しているすべてを実現できるということではございませんので、あらかじめご承知ください。 エリア・事業者・物件の状態などによって、事業者の負担できる範囲が変わることになります。

  • お客様が現在ご契約中のプロパンガス事業者
  • 物件のご住所
  • 物件の規模や間取り
  • 長期契約をされている場合は残存期間と解約の条件

お電話いただいた際には、以上のような事項を伺った上で、調査を開始いたします。 土日祝日も営業しておりますので、ご興味をお持ちいただいた方はお気軽にお問い合わせください。

お持ちの物件の設備が充実します!

ガス代が安くなるなど、入居者の方にも嬉しい特典が満載!

空き家率の推移
出典:総務省統計局

ガス会社切り替えは特典がたくさん

プロパンガス物件オーナー様集合住宅のオーナー業は安定した家賃収入が魅力ですが、「できる限り空室を少なくしたい」、「設備費用を少しでも抑えたい」と、みなさまお考えになっているでしょう。経営の中で設備に関する費用負担が占める割合は大きく、頭を悩ませているアパート・マンションのオーナー様は多いかと思います。

特に交換や修繕に関しては突発的に発生することも多いため、不定期の出費となってしまいます。 またその都度、管理会社の担当者とやり取りを行う手間もあるので、オーナー様の負担は決して少なくないと考えられます。そのような設備に関するやり取りをプロパンガス会社に一任できるとしたらいかがでしょうか?

ご存知の方も多いかと思いますが、本来であれば持ち主が負担すべきエアコンや給湯器、集合ポストなど設備の交換・修繕に関して、プロパンガスの事業者が一端を担うことが可能です。

プロパンガス事業者の金銭負担によって、建物の設備を可能な限り最新の状態に保ちます。それにより費用負担が軽減されるだけでなく物件の価値も向上しますので、入居率や定住率の上昇を期待することができます。オーナー様としては、一石二鳥の効果を得ることができるでしょう。

契約される事業者や建物の規模などによって負担が可能な範囲は大きく異なりますが、オーナー様の負担を軽減できる、経営が現在よりも楽になるということは間違いありません。プロパンガスの事業者を切り替えることによって、サービス内容をさらに拡充することができる可能性があります。

ガス会社にとって集合住宅の案件は、まとまった顧客を一度に獲得できるため、一戸建ての顧客よりもメリットが大きいのです。どんな企業でも新規集合案件の獲得を望んでいますので、現在のサービスよりもお得なご提案ができる可能性は高いと考えられます。

現在ご契約中のガス事業者に不満をお持ちの方はもちろん、不満をお持ちでない方も、ぜひ事業者の切り替えをご検討ください。現在よりも費用負担を軽減し、物件の価値を向上させることができるかもしれません。

オーナー様によっては、これまで設備投資のサービスを受けられること自体をご存知なかった方もいらっしゃるでしょう。そのような方は、ガス会社を変更することにより大きなメリットを享受することができます。

プロパンガスは自由なサービスですので、黙っていて勝手にサービス内容が向上することは、まず考えられません。オーナー様の方からアクションを起こすことが非常に大切となります。 また、上記のような無償サービスを行う場合、プロパンガス事業者と長期契約を結ぶことになります。契約中の解約は難しい状態となりますのでご注意ください。契約期間などに関して、こちらもケースによって大きく異なりますので、詳しくはご相談いただいた上での見積もり提案となります。

当社は「プロパンガス事業者」ではなく、オーナー様と事業者を結びつける代理店企業です。複数の事業者と提携しておりますので、物件の住所・契約中のガス事業者などを伺った上で、その中から最適な事業者をお選びいただくことができます。 1社1社、ご自身で問い合わせを行うよりも、手間がかからずより手軽に他事業者のサービスと比較することができることをお約束いたします。なお、ガス契約に関して当社が介入するということはございません。代理店経由で申し込んでサービスの質が落ちるということはなく、各社との関係値がありますので逆に質を上げることが可能です。ぜひお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

あくまでも最優先は建物経営

ここまでは建物内の設備に関する特典を中心として記載しました。 しかし、オーナー様にとって、お持ちの物件を優良な状態で経営することこそが最優先するべき事項であることは、言うまでもないでしょう。物件の設備投資は、あくまでもそのための手段のひとつに過ぎないのです。

近年は国内全体で少子高齢化が進み、かつてのように物件を建てれば入居者が現れるという時代ではなくなってきています。おそらくオーナー様の多くも、何かしらの改善点を抱えているからこそこのページをご覧になっているのだと思います。 物件の入居率を上げる、そして退去率を下げることが最優先されるなかで「プロパンガスが、そしてプロパンガス事業者が、経営に対してどのように貢献できるのか」を見極めることがとても大切です。

設備投資にばかり気を取られて、「設備投資のみ」が他社よりも優れている会社にガス供給を任せるのは早急だと言えるでしょう。オーナー様には総合的な判断をされることが求められます。 各都道府県別空き家率

優先するべきガス料金

オーナー様に特に留意していただきたい事項として、入居者のガス料金を第一に挙げたいと思います。 物件とは離れた場所で暮らしているオーナー様はもちろん、近くにお住いであっても、同一の建物でない限り入居者様のガス料金を逐一把握しているオーナー様は極めて少ないでしょう。

ただ、入居者にとって毎月かかるガス料金は、家賃と同じくらい重要な要素であり、とても気にされている事項なのです。当社へも集合住宅にお住いの方から、ガス代を安くしたいというご相談を非常に多くいただいています。 ガス事業者へ設備投資を依頼するということは同時に、事業者が負担する投資費用が入居者へのガス代に添加される可能性があるのです。ご存知の方も多いかと思いますが、プロパンガスの料金は法律による規制がありません。従って入居者へのガス料金(1㎥あたりの単価)は、ガス会社の一存によって決定することになります。 料金方針は各社様々で、特に設備費用の負担を伴う集合住宅の場合、一戸建ての料金よりも割高になる傾向が強くあります。ガス会社が設備投資で多額の費用を費やした場合、その費用を利用者のガス料金で回収することになるのは自然の流れです。設備投資に重点を置いたことにより入居者へのガス代が高くなってしまうようでは、入居者への負担を高めることに繋がってしまい、本末転倒となってしまうでしょう。 設備投資の交渉を行う際には、必ずセットで入居者のガス代がどのように設定されるのかをご確認されることがとても大切です。(オーナー様ご自身で確認されなくても、乗り換え先のガス会社が調査することが可能です。)

また賃貸住宅の入居者は、自身の意思でガス会社を乗り換えることができません。そのためガス料金に不満があることが、そのまま退去の意思へと繋がりやすいのです。 特に都市ガスと混在しているエリアの物件では、十分に注意する必要があるでしょう。

ただし、上述したようにプロパンガスは自由料金制であるため、多くのガス会社が実現可能なギリギリの価格までガス料金を下げていないのが実情です。自社の利益を過分に設定した単価で供給しているケースが多いため、ガス会社を切り替えたことによって、料金が高くなることはまずありません。 また契約中のガス会社と競合させるという意味も含めて、ガス会社の切り替えを検討することは有意義であると言えるでしょう。いずれにせよ、乗り換え先のガス会社が見積もりを行う際、通常の場合には入居者のガス料金も併せて提案されます。 当社にご相談いただく場合には、乗り換え先のガス会社も取次店である当社も、「入居者のガス料金が上がるのは、オーナー様にとって不利になる」ということを理解した上で提案を行いますのでご安心ください。基本的にはガス会社の変更を検討する際、「ガス代は安くなるまたは現状維持」ということを絶対条件とすべきだと考えられます。

オーナーとプロパンガス会社は利害一致

企業が設備投資を行った分の費用は、入居者からのガス代によって回収することになります。そのため、空室率が上がってしまうと、ガス会社としては投資した費用を回収することができません。 オーナー様も当然ながら物件を建てるだけでは投資の回収はできませんし、利益を生み出すこともできません。

入居率を上げたいという点で、オーナー様とガス会社の利害は一致しているのです。 通常の場合、ガス会社の担当者は多くの経験値を持っているため、単なるガスの供給だけではなく、どのような設備が入居者に人気があるのかなど、入居者を集めるための方法をオーナーと共有できることもあるでしょう。 なぜならプロパンガス会社も入居者を集めなければ、投資分の費用を回収できないからです。

一方で建物を管理する不動産会社は、入居者がいなければ商売にはなりませんが、入退去が頻繁に繰り返されることによって手数料で利益を出すことができるため、一般的には部屋の回転率を上げたいという思惑があります。つまり現入居者が退去することは、管理会社にとっては必ずしもマイナスなことではないのです。入退去が頻繁に行われる場合、敷金もしくはオーナー負担でその都度クリーニングが行われます。しかし管理会社にはそのリスクは発生しません。 必ずしもオーナー様と完全に利害が一致しているとは言えないのです。

近年では、管理会社とプロパンガス会社が提携しているケースも多くなっています。両社が提携することが必ずしも悪いこととは言い切れませんが、その場合管理会社としては「なるべくガス会社を変更したくない」という力が働いてしまうことがあります。 ガス会社選びを管理会社に委任しているというオーナー様は、入居者がガス料金などに対して不満を持っていないかどうかなど、注意する必要があるかもしれません。

個別の担当者が付くのはLPガスのみ

物件担当者例えば都市ガスやオール電化を導入する場合、それぞれの物件に対して個別に担当者を付けることは通常ありません。一方でプロパンガスの場合には、地区別の担当者や物件ごとに担当者を付けることが可能です。 これはプロパンガスがボンベから供給される分散型と呼ばれるサービスだからこそなし得ることです。

それぞれの物件に対して担当者が付けられることによって、「ガスの供給」以外にも様々なサービス提供が可能となるのです。 ガス会社によってそれぞれ方針が異なるため、物件によっては満足いただけるような設備投資のご提案ができない可能性もあります。従ってご相談いただいたとしても、必ず有効なご提案ができるということはお約束できません。 しかし、現状においてプロパンガスを導入されていて、なお且つ「単にガスを供給しているだけ」という状態のオーナー様であれば、一度サービス内容について検討される機会を設けることをお勧めいたします。

設備投資だけがプロパンガス会社のサービスではありませんし、上述したガス料金の違いなど、様々な形のサービスがあります。ガス会社を変更する、または契約中のガス会社とサービス内容について再認識する機会をつくることによって、現在よりも良いサービスを受けることができる可能性は十分にあるでしょう。

Inquiry

Webform

プロパンガスだからできるサービス

ガスタンカー元々エネルギー業界は、全体的に閉塞的な状況でした。 都市ガスや電力は1社による独占供給が認められていたこともあり、「他社との競争」が発生せず、業界内では事業者同士のサービス競争のようなものが積極的には行われて来なかったのです。

一方のプロパンガス業界は、1社独占ではなく以前から自由競争が可能な状態ではあったのですが、やはり競争は避けられる風潮があり、積極的に他社の顧客を獲得する行為は一般的に避けられていました。 そのような状態にあったものが、2016年に電力、そして2017年には都市ガスの小売りが全面自由化したことによって、エネルギー業界全体が活性化しはじめています。「ガス会社は電力の販売」「電力会社はガスの販売」へと参入することが可能となり、エネルギー各社は、積極的に他業界へと参入をはじめています。エネルギー業界で企業間の競争が活発になったことで、料金の値下げはもちろん、全体的にサービス内容が向上する傾向にあるのです。 また、ガス・電気だけではなく、インターネットやウォーターサーバー、住宅販売、リフォーム事業など、各社様々な事業へと参入し、本業のサービスとのセット販売によりお得感を演出すると同時に、顧客の囲い込みを図っています。プロパンガス業界でも、大手ニチガスが都市ガス事業に参入したことを代表として、様々な事業展開を見ることができます。かつてのように、「ガス会社はガス販売のみを行う」という垣根は取り除かれました。 これは集合住宅のオーナーサービスにも決して無関係ではありません。ガスの供給のほか、すでに上述した設備投資の援助だけではなく、様々な恩恵を受けることができる可能性があるのです。

建物に関するアドバイス

多くの経験を持っているガス会社では、入居者から不満の出にくい料金設定や人気の高い設備などを把握しているため、ガスの供給のみではなく、入居者を集めるための具体的な方法をアドバイスできる可能性があります。 すべての事業者がこのようなサービスを提供しているかどうかは不明ですが、少なくともサービス向上意欲を持っている事業者は少なからず相談に乗ってくれるでしょう。 アパート経営の経験が浅いオーナー様は、ガス会社の意見を聞いてみることも良いかもしれません。

プロパンガスは、都市ガスや電力とは異なり「公共サービス」ではありません。そのため料金設定やサービス内容が法律で規制されておらず、各社に一任されている状況です。つまり「どのようなサービスが受けられるかどうか」に関しては、各物件においてそれぞれ違うのです。 そのため「顧客の方からアクションを起こす」ことが非常に重要になります。プロパンガスの場合には、黙っていてもサービス内容が向上する可能性は低いので、オーナー様の方から動き出すことが大切です。

オーナー同士のコミュニティ

これは一部の事業者に限られますが、定期的にオーナー様同士のコミュニケーションの場を設けるサービスを行っています。 一例としては、講師を呼んだセミナーや講演会、オーナーのみを招待した懇親会を開いている企業もあります。またオーナー向けではありませんが、ガス会社が開催するイベントにVIPとして招待しているような企業もあります。

このようなサービスを利用することによって、他物件のオーナー様との情報交換が容易になるほか、物件オーナーとしての特典を最大限利用することができます。オーナー様にとって損になることはないでしょう。

物件の情報提供

建物の外観はもちろん、ガス機器の劣化状況など、ガス会社が把握できる情報を提供させることができます。離れた場所に物件を所有しているオーナー様はもちろん、近くに住んでいる方でもご自身ではわからない専門的な状況を知ることができます。 これはプロパンガスの場合、定期的にボンベ交換をする必要があるなど、地域密着型のサービスであるからこそ可能なことです。

またガス代の未払いなど、入居者に関する情報を得ることも可能でしょう。ガス代を滞納している方は、家賃を滞納する可能性が高いと言われており、事前に情報を共有することができれば、対策を建てることができます。

女性が決定権

住まい探しの決定権を持っているのは、多くの場合で女性だと言われています。ファミリーの場合はもちろん、夫の単身赴任先の住まいを妻が決めるというケースも多いようです。 また子供が一人暮らしをはじめる際にも、母親が決定権を持つという機会が多くあります。従って入居率をあげるためには、女性の目を意識することがとても大切だと言えるでしょう。

そのため内装はもちろん、外装もきれいに保つことがとても重要です。既述している通り、ガス会社は必ずしも、ガスに関する設備のみをお手伝いしている訳ではありません。 細かな破損部分の修繕などでしたら、負担する費用も少ないので、契約しているガス会社に相談してみるのも良いでしょう。また、物件の流行は時代の流れとともに推移していくため、今流行っている設備が10年20年後には不人気になっている可能性もあります。ガス会社が、他物件の情報収集を含めて修繕やリフォームに関するアドバイスをしている企業もあります。 これらのサービスは、上述したようにプロパンガスだからこそできることなのです。プロパンガスを導入している以上、最大限まで利用するべきでしょう。

入居者のプロパンガス料金について

ガス料金そもそもプロパンガスは、ライフラインのサービスであるものの公共サービスではありません。そのため「料金が法律によって規制されていない」という特徴を持ちます。 各社によって料金設定が異なるのはもちろん、同じ企業の顧客であったとしてもそれぞれ異なる単価が適用されるのが一般的となっています。 これは一戸建ての場合だけでなく、集合住宅においても各戸で異なる料金設定がされることがあります。例えば同一の物件にオーナー様が住んでいる場合、その部屋のガス料金のみ安く設定するということもできるのです。

特別扱いで安くできるのとは逆に、必要以上に高い料金設定をすることもガス会社の自由となります。一戸建ての場合でも同様ですが、特に集合住宅のプロパンガスは非常に高い単価にされているケースが目立ちます。
もちろん物件のエリアや提供する事業者などの要素によって相場はあるのですが、集合住宅の場合には相場を無視した料金設定がされることも少なくありません。 この要因としては、「集合住宅のプロパンガス料金の相場が高めである」ほか、「一室ごとにガス会社を変更することができない」ことを逆手に取った料金設定を行っているケースもあります。

直接オーナー様にまで「ガス料金が高い」という声が届いていなかったとしても、ガス代に不満を抱えている入居者は多いと考えられるでしょう。これまでの経験上では、とんでもない高値で設定されている部屋もありました。定期的にでも入居者のガス料金をチェックする機会を設けることをお勧めいたします。場合によっては、たとえ設備投資が現状と変わらなかったとしても、ガス料金を下げることだけでも大きなメリットとなる可能性があります。

一戸建て住宅の場合では、最安値料金として料金一覧表を公開していますが、集合住宅の場合ではどの事業者も一定の金額を明示していないという状況です。従ってこのページには目安となる料金を掲載することができかねてしまいます。ただ上述したように、基本的には入居者へのガス料金を安くするということは、ガス会社切り替えの際の必須事項となります。現在の料金がいくらで設定されているかにもよりますが、事業者を切り替えることによって、入居者様の料金負担が現在よりも大きくなるということはまずありませんのでご安心ください。 具体的な切り替え後のガス単価に関しては、詳しく状況を伺った上で、ガス会社の者からご案内する流れとなります。

都市ガスからプロパンガスへ切り替え

一戸建てではほとんど見られないケースですが、集合住宅の場合には都市ガスからプロパンガスへ切り替える事例も珍しくはありません。

都市ガスは公共サービスであることから、特定の顧客のみを優遇する行為は基本的に禁止されています。つまり都市ガス物件では、上述したようなガス会社からオーナー様へ、「設備投資での費用負担」をするということが難しいのです。オーナー様としては設備をすべてご自身で負担することになってしまいます。

従って設備負担を軽くしたいと考えているオーナー様の中には、都市ガスからプロパンガスへ変更される方もいらっしゃいます。 上述しているように、オーナー様への特典は様々ございますので、設備投資という面では間違いなくご負担を軽くすることが可能です。

都市ガスからプロパンガスに変更する際に注意していただきたいことが、入居者様のガス料金と入居者募集のイメージです。 都市ガスからプロパンガスへと変更した場合、入居者様のガス代は上がる可能性が高くなります。プロパンガス事業者としては、設備負担分の金額を加味した上で入居者様のガス料金の設定を行いますので、値上がりするのは自然な流れと言えるでしょう。ただガス会社の方も、入居者様の不満が募らないように、なるべく急激に値上がりしないよう配慮は行います。ガス料金に関してはご相談の上での決定となるでしょう。

もう1点、プロパンガスへ変更することで場合によっては物件のイメージダウンに繋がる可能性があります。一般的には、「都市ガスよりもプロパンガスの方が料金が高い」というイメージが定着しているため、特に都市ガスの利用率が高いエリアの場合には注意する必要があるでしょう。ただし、それ以外の立地などの諸条件でカバーできると考えるオーナー様もいらっしゃいますので、オーナー様のお考えと物件の状態によってご判断いただくことになるでしょう。具体的な設備負担の範囲や入居者様のガス料金などの諸条件は、物件の状態とオーナー様のご要望・紹介するガス会社によって大きく異なります。 都市ガスからプロパンガスへの変更をご検討中のオーナー様、まずは当社までご一報ください。

入居率アップのためのお勧めプラン

入居者満足率アップ集合住宅のオーナー様の多くは、物件の管理や諸々の手続について、管理会社へ一任しているかと思われます。ご自身で建物を管理されるのは難しいため、それについては当然のことでしょう。

ただ管理会社によっては、親身に所有者のことを考えて営業努力を続けている企業ばかりではないと考えられます。特に長期間任せ続けている管理会社の場合には、その傾向が強いと言えるでしょう。オーナー様から何かしらのアクション・要望を出さない限り、放っておいても自発的により良いサービスを提供する、新しいプロパンガス会社を探してくれるということは、まず考えられません。従って、時にはオーナー様がはっきりと要望を示すことや、ご自身でより良いサービスを探す機会を持つことが大切だと思います。

ページ上部に掲載した建物の設備サービスについて、今までの経験から入居者募集の際に特に有効で、且つガス会社にとっても無理のないプランをご紹介します。料金の値下げ+新型給湯器の設置+モニター付きインターホン 既に上述している通り、掲載しているすべての設備を設置することをガス会社に依頼するのは無理があるでしょう。従って、建物にとってより有効であると考えられる設備を選んでいただくことになります。また、多くの設備を依頼することによって、ガス会社側としては、ガス料金を下げにくくなってしまうというデメリットが発生してしまいます。あまりに無理を言い過ぎても、良い結果に結びつかない可能性があるでしょう。

入居者を募集する際または、既に入居している方にとって最も嬉しいことは、ガス料金を下げることです。ガス代は毎月発生するお金ですので、入居される方は一番に料金のことを気にしています。ガス代が安くなるということは、オーナー様が予想される以上に効果があるかもしれません。

次に給湯器の設置ですが、温度設定や追い炊き機能がついている給湯器は、便利な上に節水の効果もあることから近年では求められることが多いようです。現在の給湯器が古い建物でしたら、新しいものに交換されることをお勧めします。最後にモニター付きのインターホン。特にアパートなど比較的小規模の物件では、営業など来訪者が多いことから、インターホンにモニターがあることによって、女性だけでなく男性の入居者からも喜ばれるようです。誰が来訪したのか姿を確認できるということは、想像以上に安心感をもたらしてくれるようです。また、インターホンはそこまで高価ではないため、設置に応じるガス会社も比較的多いでしょう。

都道府県別空き家率
出典:総務省統計局

あくまで一例ですが、このように建物の状況に合わせて、求めるサービスを決めていただくことになります。既に新型の給湯器が設置されている建物であれば、代わりにウォッシュレットのトイレを設置しましょうというような話し合いになります。例えばこのプランに風呂釜も追加して欲しいというご要望を受けた場合、「設置は可能だけど入居者の料金は下げられなくなる」など、オーナー様のご要望とガス会社の事情を話し合って決めていただくことになります。

建物の状況や、ガス会社の方針は様々ですので、上記に示したプランはあくまでも一例です。まずはご要望を伺った上で、建物を調査し見積もりを提示するという流れとなります。上述した通り、プロパンガスの会社を変更することによるオーナー様へのメリットは様々なものが考えられます。建物の経営をより良いものにする一つの方法として、ぜひ一度乗り換えをご検討ください。またご検討される際には当社がお力になることが可能です。お気軽にご一報いただければ幸いです。

Inquiry

Webform