ガス会社との長期契約プロパンガスの契約では通常の場合、制約期間のようなものはなく自由に乗り換えられることが魅力です。
しかし、新築の建物で敷地内のガス管の施工料金など、本来は有償工事となる作業をサービスされている又は金額の一部免除などの優遇をされているお宅があるかと思います。
そのような場合、事業者とお客様とで長期契約を結んでいる可能性が高いかと思われます。

同じようなケースで、新築でなくてもガス会社からエアコンや給湯器などお宅の設備を無償で提供されている場合などでも、長期契約を結んでいることがほとんどです。

このような長期契約では、途中解約に伴い違約金が発生することになります。
事業者としては、本来有償であるものをサービスしているので、すぐに解約されてしまっては困るという考えは当然でしょう。

長期契約をされているお宅の場合、従量料金がかなり高めに設定されているケースが多く見受けられ、会社を変えたいのに変えられないとお困りの方も多いかと思います。

違約金がネックになって乗り換えが検討できないという方もいらっしゃるようですので、違約金ありのお宅の場合の概要をご案内いたします。

金額によっては肩代わりできる

結論として、違約金の金額によっては新しく乗り換える先のガス会社が違約金分を補填してくれる可能性があります。つまり「お客様が違約金を支払う必要がなく」乗り換えることができるかもしれません。

この場合の注意点として、当然ながら新しく契約するガス会社も何の条件もなく補填してくれる訳ではありません。新しいガス会社とも長期契約を結ぶことになる可能性が高くなります。
また、補填する金額によっては普通に新規で契約する従量料金よりも、若干割高に設定される可能性があります。従って「現在の従量料金と乗り換えた場合の従量料金」と、「新しい契約の制約期間と違約金」をご確認いただき、ご自身にとってお得になるのかどうかをよくご検討ください。
詳しい内容については、それぞれのガス会社によってスタンスが大きく異なります。ご利用明細や契約書をご用意いただきまして、まずはご相談ください。

金額によっては補填が難しい可能性もありますし、そもそも補填すること自体を行わない方針の事業者もありますので、ケースバイケースでのご案内となります。

ただ、現在の従量料金が平均値と同額程度であれば安くできる可能性が高くなりますので、ぜひお乗り換えをご検討ください。

各地の平均価格と最低価格はこちら