このページでは、中古一戸建て住宅を購入して、新たに入居される予定の方に向けたプロパンガスの情報を掲載しています。
中古住宅の場合、多くはこのウェブサイトに掲載している最安値でのご案内が可能ですが、ケースによってはガス会社選びや料金設定が制限されることがあります。多数のご相談をいただいておりますので、あらかじめ以下の項目をご確認いただいた上でお問い合わせいただけますと幸いです。

このページでは、主に持ち家の中古住宅について当てはまる内容を解説しています。賃貸の一戸建てにお住まい予定の方は別ページもご覧ください。

賃貸一戸建て住宅のプロパンガス

プロパンガス料金表

残存ボンベ・メーターの確認

プロパンガス事業者の多くは、退去による解約があった住宅でもボンベやメーターを撤去せずにそのまま取り付けておきます。これは次に入居者される方の契約を獲得することを目的としたもので、慣習として現在でも行われています。
近年では保安上の観点からボンベの残存は行わないことも増えていますが、メーターが残されているケースは引き続き多くあるという状況です。

プロパンガス業界では「業務上の取引がある特定の企業から顧客を奪わない」という風習があります。
そのため引っ越す住宅に、「ボンベ・メーターが残存しているかどうか」、また残存していたとして「どの企業のボンベ・メーターなのか」によって、契約するガス会社が制限されることになるのです。つまり残存している設備がA社のものだった場合、A社と取引のあるガス会社と契約することは難しくなってしまいます。
まずはガス会社選びに入る前に、上述したボンベ・メーターの確認を行うことをお勧めいたします。
当社へとご相談いただく場合には、事前に設備の有無、有りの場合はガス会社名をご確認いただけますと大変幸いです。

※この慣習は地域によって差があるほか、契約を結ぶ企業によっては確認が不要な場合もあります。
※このような制約を受けることを避ける場合には、事前に「ボンベ・メーターの撤去のみ」を依頼することで真っ更な状態にすることが可能です。その場合、メーターやボンベまたは機器の近くなどに表記してあるガス会社名を確認して撤去を依頼しましょう。
※遠方にお引越しの場合など、設備の有無を確認することが困難な際には、ガス会社に調査を依頼することも可能ですのでご相談ください。

宅内の配管や機器の確認

築年数が古い住宅や長い間空き家だったお宅では、宅内のガス設備が老朽化している可能性があります。宅内のガス配管や給湯器などの設備をそのまま使うことができれば問題ありませんが、修繕が必要になる場合には費用をガス会社が負担するのか、お客様が負担するのかによってガス料金が異なります。ガス会社に修繕費用を負担してもらった場合には、その分ガス料金が割高に設定されますのでご注意ください。
配管や機器がそのまま使用できるのかどうかは、目視では確認が難しいと思われます。担当者がチェックした結果、費用が必要となる可能性があることをあらかじめご了承ください。

日程に余裕を持った手続き

プロパンガスの事業者を変更する際には、最低でも期間を一週間空けることが法律によって義務付けられています。

LPガスの一週間ルール

このルールが入居前の状態であったとしても当てはまるかどうかは、法律の解釈の仕方によって異なります。しかし多くの場合「空き家の状態であったとしても一週間空けて変更する」ということが慣例化しています。
※地域や事業者によっても異なります。
設備が何もない状態であれば、今日明日から使用したいという要望も受け付けられますが、A社のボンベがある状態だけど、明日からB社のガスを使用したいということは、通常難しくなってしまいますのでご注意ください。

プロパンガス料金は供給を行う事業者によって大きく異なりますので、どこでも同じということはありません。それに加えて上述した確認を行うと、手続きには日数がかかってしまいます。「安いガス会社と契約する」というご希望であれば、できる限り早めにお問い合わせください。

前所有者の設備契約が残存している可能性がある

ケースとしては多くありませんが、前の所有者が宅内の設備費用(配管や給湯器など)の分割払い中に退去している場合、新しい購入者にその残存期間が引き継がれることがあります。
契約の引き継ぎがある場合には、ガス会社が固定され長期契約になると同時にガス料金も最安値で供給することは難しくなります。ご購入前の方は、事前に契約内容をご確認ください。ご購入後の方は契約書をご覧いただき、ガス機器に関する事項が無いかどうかご確認ください。

もしも長期契約であった場合、ガス会社を変更する方法は2つあります。

    • 残額を一括支払いする

支払い中の設備費用を一括で支払えば、持ち家である以上自由に乗り換えることができます。

    • 残額を乗り換え先のガス会社に負担してもらう

乗り換え先のガス会社が費用を負担してまで顧客を獲得したいと判断した場合には、乗り換えが可能です。
この際に問題となるのは残額がいくらになるのかということです。一件の顧客を獲得するために、数十万円の費用を負担する企業は多くありません。
まず契約書をご覧いただき、解約したとしてどのくらいの費用負担があるのかをよく確認しましょう。
ただし、費用負担をしてもらって乗り換えた場合、前項で解説した通り最安値での利用はできなくなりますのでご注意ください。


注意事項は以上です。
中古住宅へ新たに入居される方のご相談を多くいただいていますが、ご住所などと共に上記の内容を伺うことになりますので、可能な範囲であらかじめご確認ください。

プロパンガス料金表

対応可能エリア