プロパンガス供給物件の管理会社様
入居者からの口コミ大型物件料金交渉事業者切替

このページでは、プロパンガス物件を管理または所有されている不動産会社様に向けた情報を記載しています。

プロパンガスが供給されている集合物件の管理会社様、入居者の方から「ガス代を安くできないか」という要望を受けたことはありませんか?

集合住宅のプロパンガス料金は、戸建住宅よりも高くなってしまう傾向にあります。

当社はプロパンガスの代理店という立場から、事業者を変更することによるメリットや、料金が高いことへの対策方法を以下に記載しています。

集合物件のプロパンガス料金は高い

入居者のプロパンガス料金をチェックする
入居者はガス料金が高いと困っているかもしれない

プロパンガスの料金は、法律による規制がないためガス会社が自由に決めることができます。

適用される料金は、物件により様々ですが法外に高い料金を強いられている事例も少なくありません。

不満を感じている入居者は多い
当社が過去にいただいた相談では、集合住宅にお住まいの方から「ガス代が高すぎる」「プロパンガス会社を変更したい」「都市ガスに変更できないのか」という声を非常に多くいただいております。
管理会社に連絡がなかったとしても、潜在的に「ガス代が高い」と不満に感じている方は、少なくないでしょう。

ご相談いただいた中には、「家にお風呂があるけど、ガス代が高いから契約せずに近くの銭湯へ行っている」という方もいらっしゃいました。ガス代が高くて生活に困っている方からの声を多数いただいています。

一般的なアパートやマンションでは、入居者の意思でプロパンガス会社を選ぶことができません。入居者は、料金に関する不満を自身の意思だけで解決することが難しいのです。

集合住宅のプロパンガスは、「一棟ごとの契約」となるため事業者変更が起こりにくく、不当に料金を上げるケースが目立っています。

そのため賃貸物件の入居者にとってプロパンガス料金に関する不満は、対策を考えるのが難しく、溜まりやすいという特徴があります。

LPガスに関する入居者からの口コミ
実際にプロパンガス供給の集合住宅入居者からの口コミをまとめています。居住者の生の声を記載していますのでご覧ください。

建物の管理会社ができるプロパンガス料金を下げる方法として、2点が挙げられます。

  • 供給中のガス会社と料金交渉をする
  • ガス会社を他社へ変更する

供給中のガス会社と料金交渉する

供給しているプロパンガス会社と料金交渉する
プロパンガスは公共サービスではない

プロパンガスは、公共サービスではないため、ガス会社の意思によって高くも安くもすることができます。

この特徴があることから、プロパンガス料金には多くの場合、交渉する余地が存在しています。

値下げ交渉が有効なことも多い
集合住宅のプロパンガス料金は、適正範囲内の料金設定に抑えられている物件は多くありません。必要以上に高いプランを強いられている物件が少なくないため、交渉が有効なのです。
このような物件では、オーナーや管理会社が「ガス代を下げることができないか」とひと声かけるだけで値下げできることもあるでしょう。

あまりにも高い料金設定を行う事業者は、切り替えてしまうことをお勧めしておりますが、交渉するという方法があることをご認識ください。

事業者を変更してLPガス料金を下げる

プロパンガス会社を変更する
ガス会社を変更してガス代を安くする

入居者が負担するガス代を安くするために最も有効な対策は、プロパンガス会社を変更することです。

ガス会社の変更が効果的
事業者を切り替えることによって、ほぼすべてのケースでプロパンガスの従量単価を下げることができます。
多くの物件では、LPガス事業者は実現できるぎりぎりの料金設定を行っているのではなく、安くできる余地を残しています。
特に長年にわたり料金交渉や事業者の切り替えを行っていない建物では、その傾向が顕著です。現在の料金が相当な安値でない限り絶対にガス代を安くすることができます。

日頃から管理会社の方が、ひと部屋毎のガス料金を把握することは、なかなか難しいかもしれません。

賃貸物件の多くは「必要以上に高く設定されている」ことから、他社と比較検討することはとても有意義なことになり得るのです。

プロパンガス会社の乗り換えは、建物の所有者の承諾さえあれば実施することができます。

集合住宅の場合、ケースによっては相当高いガス単価に設定されていることがありますので、ぜひ対策をご検討下さい。

Inquiry
Webform

大型集合住宅のプロパンガス料金

分譲マンションはプロパンガス料金を安くできる
分譲マンションはプロパンガス単価が安い

集合住宅のプロパンガス料金は、高めに設定される傾向にあることを上述しました。

ただこれは、アパートなど小型の集合住宅に関してであり、ファミリー用の分譲マンションなど大型の集合住宅では、必ずしもその限りではありません。

大型集合住宅の特別料金
分譲マンションでは戸建住宅と同等またはそれ以下の料金設定ができるケースが少なくありません。
なぜならプロパンガス事業者にとってファミリー世帯の集合住宅は、良質な顧客を囲い込むことができるため、とても重要視されているからです。

詳しくは、専用ページで解説していますが、大型の集合住宅では特別料金を適用できる物件もあります。入居者にとって、非常にお得になる提案ができる可能性があるのです。

大型物件を管理している不動産会社様は一度、各部屋のガス料金を確認されることをお勧めいたします。

プロパンガス会社を切り替えることで3者がお得

プロパンガス会社を変更することで、3者にメリットがあります。

ガス会社の見直しは、とても有効になり得ることで絶対に損にはなりません。

入居者のプロパンガス料金が安くなる

事業者を切り替えることによって、入居者のガス料金が安くなります。

既存の入居者はもちろん、新しく入居する方を探す場合にも有利に働くことになるのです。

特に一人暮らしの方など、金銭に余裕がない方にとっては、基本料金を安くできるだけでも大きな違いです。

ガス料金を気にしている入居者は多い
アパートの基本料金は、高めに設定される傾向がある上、保証金を求められる可能性が高いなど不利な状況にあるのがプロパンガス業界の現状です。
「都市ガスと比べて多少高いくらいで、高すぎるというほどではないですよ。」など、具体的な説明ができれば、部屋探しをしている方も安心できるでしょう。
参照:保証金の解説

物件管理会社の負担が軽くなる

プロパンガス代が安くなることによって、入居者が毎月負担する金額が少なくなります。

近年では、インターネットが普及したことによって、部屋探しをする時に他の物件と比較することが容易になりました。

入居者の満足度が上がる
ガス代が安くなることは、入居者募集に際してプラス材料になることは間違いないでしょう。入居率を上げる、また退去率を下げることに対して一助になることが期待できます。

オーナーへの謝礼

これまで通例であったオーナーに対する設備投資は、2024年の法令改正により難しくなりました。

ただ従来通りのの設備投資が難しかったとしても、オーナーに対して何かしらの謝礼を行うことができるかもしれません。

また入居者のガス料金が下がることは、間接的にオーナーのメリットにもつながるでしょう。

LPガス会社変更費用は0円

プロパンガス会社変更の費用は無料です。

基本的に初期費用はかからず、切り替えることができます。申し込みと同時に委任状を頂きますので、切り替え元のガス会社に連絡する必要は通常ありません。

対策を考え行動を起こすことが大事
プロパンガス会社が自発的に料金を安くしたり、サービス内容を拡充することは、基本的にありません。
定期的にでも料金を含めサービス内容を見直すなど、消費者の側から対策を考え行動を起こすことがとても重要です。
見積もりから提案まですべての手続きを無料で行いますので、ぜひ一度当社までご相談ください。

当社は、プロパンガス会社をご紹介する代理店企業です。物件の住所・契約中のガス会社名などの情報を伺った上で、その地域に供給可能で最もサービスの質が良いガス会社をご紹介しています。

ご相談いただければ、お持ちの物件に対して最もサービスの良い企業をお探しいたします。御社の業務に少しでも役立つことができれば幸いと考えています。

長期契約を結んでいる場合

契約中のプロパンガス会社が設備費用の負担をしている場合、10年や15年などの複数年の契約を締結している可能性が考えられます。

そのような場合には、事業者の変更に伴い違約金が発生することになります。

違約金の負担は、金額などによっては変更先のガス会社が肩代わりすることも可能です。

ただし金額などによっては、負担することが難しいケースもあります。詳しくは物件によって異なりますので、まずはご相談ください。

Inquiry
Webform

土勢育孝

どせ やすたか

執筆者

このページの記事は、私が執筆しました。
プロパンガス関連業務に10年以上携わっております。
これまで、多くの管理会社様からプロパンガスに関するご相談をいただいています。物件に合わせた提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
お電話でご相談いただく際には、私をお呼び出しください。

記事執筆者