プロパンガスを使用している集合住宅このページでは、プロパンガス物件を管理または所有されている不動産会社様に向けた情報を記載しています。

プロパンガスが供給されている集合物件の管理会社様、「プロパンガスだから」という理由で、入居者が決まりにくいという悩みをお持ちではないでしょうか?

または、入居者の方から「ガス代が高い」という要望を受けたことはありませんか?

多くの場合、集合住宅でのプロパンガス料金は、一戸建てよりも高くなってしまう傾向にあります。

ご存知の方が多いかと思いますが、これは給湯器やエアコンなど設備の交換や修繕費用に関しての一部をプロパンガス業者が負担しているということが要因となっています。
ガス会社側としては、設備費用の負担額を加味した上でガス料金を決める必要があるため、必然的に一戸建て住宅の従量料金よりも高くなってしまいます。
また設備投資を受けていない物件であったとしても、集合住宅のプロパンガス料金は相場自体が高くなっているのが実情です。

いずれにしても「プロパンガスは、都市ガスよりも料金が高い」というイメージが浸透してしまって、入居者に敬遠されてしまうこともあるでしょう。
入居者側からすると、家賃等の支払う金額に「ガス代が高い」という計算を含めなくてはいけません。

また、すでに居住している方でも「ガス代が高いのではないか?」という不満を持っている方は、少なからずいると推測されます。

特に都市ガスが供給されている地域でプロパンガス物件をお持ちの場合には、どうしても都市ガス物件に人気が集中してしまいます。
入居者を集めなければいけない管理会社様にとっては、頭を悩ませる問題でしょう。

当社はプロパンガスの代理店という立場から、プロパンガス会社を変更することによるメリットを以下に記載しています。
ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にご相談ください。

Inquiry

Webform

プロパンガス会社の乗り換えを検討しませんか?

プロパンガスの料金は、法律による規制がないことからガス会社が自由に決めることができます。
様々なケースがありますが、法外に高い料金設定を強いられるようなことも決して珍しくはありません。

当社がプロパンガスの契約を取り次ぐ代理店として活動する中で、集合住宅の入居者の方から「ガス代が高い」「ガス会社を変更したい」という声を非常に多くいただいております。
管理会社の方に連絡がなかったとしても、潜在的に「ガス代が高すぎるんじゃないか」と不満に感じている方は決して少なくはないはずです。

一般的なアパートやマンションの場合には、入居者の意思でガス会社を選ぶことができないため、入居者としては料金に関する不満を自身の意思だけでは解決することができません。
そのため集合住宅の入居者にとってプロパンガス料金に関する不満は、解消するのが難しく溜まりやすいという特徴があります。
「集合住宅のプロパンガス」という業界は、「一棟毎の契約」となるため競争が起こりにくく、それ故不当に料金を上げるケースが目立っています。

入居者が負担するガス代を安くするために、最も有効な方法はガス会社を変更することです。

事業者を乗り換えることによって、ほぼすべてのケースでガスの従量単価を下げることができます。
これはガス会社が「料金を安くする」ことを前提とした上で、上述した設備に関する費用負担の範囲を決めているからであり、現在の料金が相当な安値でない限り絶対にガス代を安くすることができます。

日頃から管理会社の方がひと部屋毎のガス料金を把握することは、なかなか難しいかもしれません。集合住宅の場合、多くは「必要以上に高く設定されている」ことから、他社と比較検討することはとても有意義なことになり得るのです。

プロパンガスの乗り換えは建物の所有者の承諾さえあれば実施することができます。
集合住宅の場合、ケースによっては相当高いガス単価に設定されていることがありますので、ぜひお見積りからでもご検討下さい。

乗り換えることで3者がお得

プロパンガス会社を乗り換えることで、3者にメリットがあります。

①入居者のプロパンガス料金が安くなる

上述した通り、乗り換えることによって入居者に対するガス従量料金が安くなります。既存の入居者はもちろん、新しく入居する方を探す場合にも有利に働くことになります。

②管理会社の負担が軽くなる

ガス代が安くなることによって、当然ながら入居者が毎月負担する金額が少なくなります。
インターネットが普及したことによって、部屋探しをする時に、他の物件と比較することが容易に可能な時代になっています。
ガス代が安くなることは、入居者募集に際してプラス材料になることは間違いないでしょう。入居率を上げる、また退去率を下げることに対して一助になることが期待できます。

またガス会社を変更することによって新しく契約するガス会社は、設備関連で費用負担する範囲を現在契約中の会社よりも広げるケースが多くなります。
物件によって異なりますので絶対とは言い切れませんが、サービス範囲が拡充することによってオーナーからの信頼関係を深めることを見込まれる上に、設備が新しくなることは入居者にも喜ばれます。

さらに、入居者の方から給湯器など「建物設備の調子が悪い」という連絡があった際、「オーナーと修繕や交換費用の話し合い」ではなく、「ガス会社が費用負担してくれる」となれば話を進めやすくなるでしょう。
これは管理会社様にとっては大きなプラスになるかと思います。

③オーナーにお得な特典あり

プロパンガスの会社を乗り換えることによって、本来オーナーが負担するべき設備に関する費用負担を、ガス会社が代わりに負担することができます。
すでに設備に関して負担してもらっているという場合でも、サービスの範囲を広げることが多くの場合には可能です。
どこまでの範囲を負担できるのかという内容に関しては、ケースによって異なりますが、オーナーにとってのメリットが大きいことは間違いありません。

オーナー様の中には、ガス会社が設備に関するサービスを行うことをご存知ない方もいらっしゃるようです。現在なにかしらの設備に関する特典を受けていない物件は、非常に勿体ない状況にあるかもしれません。
ぜひこのような特典を利用して、オーナー様との信頼関係構築の一助にしてください。

オーナー様の特典に関してはプロパンガス物件オーナーで詳しく記載しています。

長期契約を結んでいる場合

既に契約中のガス会社が設備費用の負担をしている場合、10年や15年などの複数年の契約を締結している可能性が考えられます。そのような場合には、事業者の変更に伴い違約金が発生することになります。
またガスの関連機器に関して、その都度複数年の契約を締結していることもあります。

そんな場合でも問題ありません。乗り換え先のプロパンガス会社がそれらの費用を負担することが可能。
オーナーの金銭負担は、基本的に0円で乗り換えられます。
プロパンガスの業界も新規の顧客獲得に一生懸命です。集合住宅の案件は、ガス会社にとってまとまった顧客を獲得できるため魅力的な案件になるのです。

ただし、契約内容によっては全て負担することが難しいケースもあります。詳しい内容は環境によって大きく異なりますので、調査した後の見積もり提案となります。

乗り換え費用は0円!

プロパンガス乗り換えに関して、設備切り替えに関する費用は0円です。
基本的には初期費用はかからず、比較的簡単に切り替えることができます。

申し込みと同時に委任状を頂きますので、乗り換え元のガス会社に連絡する必要は通常ありません。様々なメリットを生み出すことができる内容になっています。

プロパンガスは、自発的に料金を安くしたり、サービス内容を拡充することがまず無い業界です。
定期的にでも料金を含めサービス内容を確認するなど、消費者の側から行動を起こすことがとても重要になります。
見積もりから提案まですべての手続きを無料で行いますので、ぜひ一度当社までご相談ください。

当社はプロパンガス会社をご紹介する代理店企業となります。物件の住所・契約中のガス会社名などの情報を伺った上で、その地域に供給可能で最もサービスの質が良いであろうガス会社をご紹介しています。複数のガス会社と提携することによって、お客様ご自身で事業者を比べる手間を省くと同時に、より良いサービスへのお乗り換えをお勧めしています。
すでにお取引のあるプロパンガス会社をお持ちの場合でも、企業を変更することによって、サービス内容の拡充を狙うことができます。固定された選択肢の中から選ぶよりも、当社のような代理店経由で複数社の中から選ぶことで確実にメリットを出すことができるでしょう。電話1本いただければ、お持ちの物件に対して、最もサービスの良い企業を当社が紹介し(または探し)ます。
御社の業務に少しでも役立つことができれば幸いと考えています。

都市ガスからプロパンガスへ変更も

管理会社様とオーナー様の間では、物件の設備費用について話し合われる機会が非常に多いかと思います。当然ながらオーナー様としては、設備費用に関する負担を少しでも抑えたいと考えているでしょうから、オーナー様のご要望で管理会社のご担当者様が頭を悩ませることもあるでしょう。

都市ガスの場合には、既述したような「ガス会社による費用負担」というものは、通常できません。従って費用負担はすべてオーナー様へのしかかることになってしまいます。その点プロパンガスは自由なサービスで、費用負担をガス会社が受け持つことができるため、都市ガスからプロパンガスへ切り替えるという事例が少なからずあります。

切り替えるメリットは、再三記載していますが、「設備費用の一部をガス会社が負担すること」です。オーナー様の負担を確実に軽減することができます。
逆にデメリットとしては、入居者のガス料金と、物件のイメージダウンが挙げられます。
都市ガスからプロパンガスへ切り替えることによって、少なからずガス料金は上がることになるでしょう。ガス会社としては、設備費用の負担を加味した上で、入居者への従量料金を設定することになりますので、これは当然のことであると考えられます。しかし、なるべく入居者様の不満が高まらないように配慮はしますので、具体的な料金に関しては応相談となります。
もう一つ、プロパンガスへ変わることによって、ややイメージダウンになることが懸念されます。ご存知かと思いますが、「都市ガスよりもプロパンガスの方が料金が高い」ということは、すでに周知の事実でありイメージとして定着しています。そのためプロパンガス物件ということで、入居者募集の際に敬遠されてしまう危険性があるでしょう。特に都市ガスが広く普及している地域の物件の場合には、慎重にご検討ください。

具体的な設備負担の内容や入居者のガス料金に関しては、状況によって内容が大きく異なりますので、まずは当社までご一報ください。


最後に、当社ではプロパンガス以外にも、都市ガス・電力・コラボ光やNURO光などのインターネット・ウォーターサーバーなどの各種商品を取り扱っております。不動産会社様と提携させていただき、新しい入居者様を当社へご紹介いただくことで、当社からこのようなサービスのご案内をさせていただいております。成約した分に関しての手数料を御社へお支払いするという形のビジネスモデルが近年では確立されつつあります。
こちらのプロパンガスに関するページをきっかけとして、御社と末長いお付き合いができれば幸いです。よろしければ併せてご検討ください。