栃木県日光市にある華厳の滝このページの料金表は、栃木県内で当社がご案内可能なプロパンガス最低価格となります。

栃木エリアでは、プロパンガスご利用のお宅が多く、各ガス会社も営業所を構えている企業が多くなっています。それ故に、ガス単価も都心部と同様に最低水準でご案内することが可能です。

※栃木県内にお住いの方でも、市町村などエリアや、ご契約中のプロパンガス会社によっては下記の料金でご案内ができかねる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。
※アパートやマンションなど集合住宅にお住いの方は、別ページにてご案内をしています。

全国の料金表ページへもどる

栃木県で都市ガスをご利用中またはご利用予定の方は、別ページで切り替えなどに関して解説しています。
栃木県の都市ガス切り替え

尚、画像は栃木県日光市にある日本三名瀑の一つ「華厳の滝」です。

栃木県のプロパンガス料金を比較

栃木県のプロパンガス平均価格

単位:円

基本料金:1,539円 従量料金:466円
ご使用量 ご請求額(税込)
5㎥ 4,315
10㎥ 6,893
20㎥ 11,742
50㎥ 24,887

※出典:「石油情報センター」栃木県平均価格から算出

※従量料金は20㎥のご請求額から算出(小数点以下は非表示)

矢印

当社が栃木県内でご案内可能なプロパンガス価格

基本料金:1,400又は1,000円 従量単価:260又は290円
ご使用量 プロパンガス料金 消費税 ご請求額
5㎥ 2,450 196 2,646
10㎥ 3,900 312 4,212
20㎥ 6,600 528 7,128
50㎥ 14,400 1,152 15,552

詳しい料金表は以下をご覧下さい。

一般的なガス使用量のお客様

基本料金:1,400円 従量単価:260円
 ご使用量 ご請求額(税込)
 13㎥  5,162
 14㎥  5,443
 15㎥  5,724
 16㎥  6,004
 17㎥  6,285
 18㎥  6,566
 19㎥  6,847
 20㎥  7,128
 21㎥  7,408
 22㎥  7,689
 23㎥  7,970
 24㎥  8,251
 25㎥  8,532
 30㎥  9,936
 35㎥  11,340
 40㎥  12,744
 45㎥  14,148
 50㎥  15,552

ガスのご使用量が少ない方

風呂釜ではプロパンガスを使用していない方など、使用量が少ない方はこちらをご覧下さい。

基本料金:1,000円 従量単価:290円
ご使用量 ご請求額(税込)
 1㎥  1,393
 2㎥  1,706
 3㎥  2,019
 4㎥  2,332
 5㎥  2,646
 6㎥  2,959
 7㎥  3,272
 8㎥  3,585
 9㎥  3,898
 10㎥  4,212
 11㎥  4,525
 12㎥  4,838

Inquiry

Webform


※こちらでは一戸建て住宅に向けた内容を中心に掲載しています。アパートやマンションなど集合住宅にお住まいの方はこちらをご覧ください。

栃木県の各市町村別、プロパンガス平均価格と最安値料金

宇都宮市 小山市 栃木市 下野市
真岡市 鹿沼市 足利市 佐野市
さくら市 那須烏山市 日光市 矢板市
那須塩原市 大田原市 芳賀郡芳賀町 芳賀郡益子町 
芳賀郡市貝町 那須郡那須町 那須郡那珂川町 塩谷郡塩谷町
塩谷郡高根沢町 河内郡上三川町 下都賀郡野木町 下都賀郡壬生町

全国の料金表ページへもどる

栃木県でプロパンガス会社を乗り換える

栃木県近辺では上述の通り、プロパンガスを扱う企業が多くあります。関東圏内ということもあり、価格競争が激しく日本国内でも最低水準の金額でご案内が可能な地域となっています。

料金表をご覧になっていかがでしたでしょうか?

栃木県の平均価格と当社がご案内可能な最低料金を比較して頂くと、驚くほど差額が出ることがご理解頂けるかと思います。

プロパンガスは乗り換えることによって、安くすることが可能なサービスです。

栃木県にお住いのお客様、ぜひご自宅の料金とも比較してみて下さい。

当社は優良なプロパンガス会社と提携し、取次を行っている事業者です。

ご連絡頂く際は、
①栃木県に続くお住いの市町村
②現在契約されているガス会社
③直近のプロパンガスご使用量、ご請求額

以上を伺うことになりますので、あらかじめガスの利用明細をご用意頂けますと、スムーズにご案内可能です。

また、このWebサイトでは以前にご相談いただいた、プロパンガスに関する疑問点の解説や、申し込みからボンベ交換に関する手順など、お役立ち情報を掲載しています。
よろしければ、あわせてご覧ください。

新規ガス料金の継続期間

お客様からいただくご相談のなかで、料金の継続期間と変動についてのお話を多くいただきますので、こちらに概要を記載します。

まず、上記に掲載している最安値価格は、新規で契約される方に適用される料金表となります。プロパンガスの料金は変動しますので、ずっと変わらずにこの料金になるということではありません。
ただ、だからといって契約後すぐに値上げされるのかというと、そのようなことはありません。事業者によって異なりますが、目安として6ヶ月から1年間は新規の料金から上がることはありません。料金の継続については、事業者によってスタンスが異なりますので、あくまでも目安となります。ご紹介する事業者によって方針に差異がありますので、詳細はご相談いただいた上での案内となります。
少なくとも、新規でご契約いただいたお客さまにとって、マイナスになるようなことを行う事業者とは提携しておりませんのでご安心ください

また、新規の料金適用期間が終了した後に関しては、基本的にはプロパンガスの仕入れ価格に連動させる形でお客様の従量料金を決定することになります。
つまり、仕入れ価格が下がればお客様への従量料金も下げることになり、逆に上がった場合には従量単価も上げることになります。
理由がなく値上げを行う事業者とは契約を行っておりません。

プロパンガス乗り換えにかかる費用

一般の契約では、プロパンガスの会社を変更する際にかかる費用はありません。工事費用や事務手数料などもなく、すべての手続きを無料で完了させることができます。
新しく締結する契約でも、違約金を伴う制約期間などの設定はありませんので、基本的には何度でも無料で切り替えることが可能です。

ただし、例外として以下のようなケースでは費用が発生する可能性がありますのでご注意ください。

① 現在契約中のガス会社と長期契約を結んでいる場合
主に新築物件で宅内のガス管の工事費用を分割払いしている場合や、契約時に給湯器などの機器を無償提供されている場合には、長期契約をしている可能性が高くなります。このケースでは、解約に伴い違約金が発生することになります。
ただし、金額によっては新しく契約するガス会社がその費用を肩代わりしてくれる可能性があります。詳しくは金額や事業者の方針などによって異なるため、内容を伺ってからのご案内となります。
② 新しく契約するガス会社に宅内の配管工事や、給湯器などガス機器の無償提供を求める場合
プロパンガス業界では、新しく契約を結ぶお客様に対して、給湯器などの機器をサービスで提供する事業者もあります。普通に購入すると数万円から数十万円かかるものがサービスされるのは良いことなのですが、場合によっては全額をガス会社が負担するのが難しい可能性があります。お客様の負担額が発生する可能性がありますので、新しい機器の導入をご検討されている方はあらかじめご了承ください。
また、このようなケースでは新しいガス会社から長期契約を求められることが多くなりますのでご注意ください。

プロパンガス品質の違い

プロパンガスサービスに関しては、事業者によって「商品の質」が異なるということはありません。どの会社と契約しても使い勝手に違いが生じることや、機器の交換が必要になるということはなく、今まで通り使用することができます。

また、事業者を変更する際にかならず交換が必要になるものは「ボンベ」と「メーター」の2つのみです。こちらの交換作業のみ、お客様の立ち合いのもと交換作業を行います。
要する時間の目安は30分前後となります。

上述しているように、料金に関しては問題点を抱えているプロパンガス業界ですが、事業者の切り替えに関してはかなり自由な状況であり簡単に変更ができることから、頻繁に事業者の切り替えが行われています。

事業者の変更は決して「しなければならないこと」ではありませんが、料金などで契約中のガス会社にご不満をお持ちの場合には、積極的に切り替えを検討されることをお勧めいたします。

栃木県のガス会社を探す

当社はプロパンガスを供給している事業者ではなく、契約の取次ぎを行っている法人です。お客様からご相談をいただいた後、お客様宅に供給可能で且つ最もサービスが良い(安い)事業者をご紹介しています。
つまりお客様と事業者を結びつける作業を当社が行っています。

当社にご相談いただくことによって、お客様ご自身で事業者を探す手間を省くことができます。
お客様ご自身で事業者を探す場合、まずご自宅に供給可能な会社を探すところからはじめ、そこから1社1社に料金を確認する作業をしなければなりません。プロパンガスの事業者は、料金を簡単に開示しない傾向にありますので、調べる作業にはかなり手間がかかると思われます。
当社にご相談いただくことによって、その作業を一度で終わらせることが可能です。
また、紹介費用のようなものは一切いただいておりません、すべて無料でのご紹介をしています。
複数の優良企業と提携しています、ぜひお気軽にご相談ください。

ガス会社乗り換えができないケース

お客様からご相談いただいた時に、かならずご契約中のガス会社名を伺うことになります。
プロパンガス業界の場合、この「契約中の会社」が大きなポイントになるのです。

業界内では「特定の会社からは顧客を奪わない」という取り決めを行っている会社同士があり、これを「NG会社」と呼んでいます。顧客を奪わないということは、つまりお客様が望んでも契約を受け付けられないということになってしまいます。

当社を含めプロパンガスを取り扱う事業者は、かならず現在ご契約中のガス会社を伺い、その会社がNG会社ではないかどうかを確認することになるのです。当社の場合には、複数の事業者と提携していますので、お客様が契約中のガス会社を「NG会社に指定していない事業者」を選ぶ作業が必要となります。NG会社に指定していない事業者の中からもっとも安い事業者をご紹介するという流れとなりますので、あらかじめご了承ください。

なぜこのようなルールがあるのかというお問い合わせをいただきますが、「業界内の良くない慣習である」という答えになります。おそらく行政が法律などで定めて、強制的に執行しない限りは、このルールを無くすことは難しいであろうと考えられます。

NG会社に指定している理由については、①資本関係にある企業同士②ガスの仕入れ段階やボンベ配送など、両社が業務上で何らかのつながりがある場合などがあります。
ただ、上記のように何らかの接点がある企業同士でなくても、単にお互い手を出さないという協定を結んでいる会社同士もあるようです。

栃木県のプロパンガス事情

栃木県は、統計では都市ガスの普及率が50%に至っておらず、関東の中でプロパンガス利用率が最も高い地域です。
都市ガスを使っていないお宅が、必ずしもプロパンガスを使っているとは限りませんが、県内のおよそ半数ほどのお宅でプロパンガスを利用されていると推測されます。
県都宇都宮市でも、一部では都市ガスが普及していますが、市内の多くでプロパンガスが広く使われています。
このため、関東に事業所を持つプロパンガス事業者は、大抵は栃木県内にも営業所を構えていて、市場として注目されている地域です。

プロパンガスの料金は地域により価格差がありますが、同じ地方内であればほとんどの事業者は同じ価格設定を行います。従って平均価格が最も低い東京都と同水準の価格で栃木県内にも提供されています。

都道府県別の平均価格を見ると、関東地方の他の県よりも若干ですが低い金額となっています。つまり、栃木県内では比較的安い金額でプロパンガスを利用されているお宅が、他の県よりも多いと言えるでしょう。
これは上述したように、事業者が安い料金で供給しているのはもちろんのこと、利用されているお宅で、料金に対する意識が比較的高いためだと考えられます。
ただ、平均値から従量料金を計算してみると400円台を推移しており、これは決して安い金額ではありません。事業者によって異なりますが、多くの企業が限界値である最安値の従量料金を300円前後に設定しています。
最安値の料金はいずれ値上がりしてしまう可能性が高いですが、それでも300円から400円の間を推移することが一般的です。

プロパンガスの平均価格全般に言えることですが、事業者を変更することによって安くすることができる環境にありながら、変更をされていないお宅が多い傾向にあります。1社と契約をし続けることによって料金の高騰を許してしまっているという状況がどの都道府県でも見受けられます。
栃木県内は平均価格が低いとはいえ、400円台という平均値を見る限りは同じような状況下にあるといえるでしょう。

栃木県の都市ガス事情

経済産業省による平成24年度の統計では、栃木県内の都市ガスの普及率が41.3%と関東圏内では最も低い数値となっています。
県内で都市ガスを供給している(導管を配備した)事業者は7社ありますが、県域が広いため、なかなか導管の拡張が進んでいないというのが現状でしょう。
県内の人口が集中している宇都宮市内では、東京ガスが供給を行っていますが、導管が配備されているのは南部のみのため、プロパンガス利用率がかなり高くなっています。宇都宮市内で今後、導管の整備が進められれば、普及率がかなり上昇するものと思われます。

県内で都市ガスを供給しているのは、以下の事業者です。

・東京ガス(宇都宮市・真岡市・上三川町・芳賀町・高根沢町)
・日本瓦斯(真岡市・下野市)
・北日本ガス(小山市・下野市・鹿沼市)
・栃木ガス(栃木市)
・鬼怒川ガス(日光市)
・足利ガス(足利市)
・佐野ガス(佐野市)

都市ガスは2017年4月より自由化されたため、上記の企業はあくまでも「導管を整備した企業」です。自由化によって「消費者へ小売り販売をする企業」に関しては、制限が解かれたことで、他の複数社が参入する可能性があります。
現在すでに、上記の日本瓦斯(ニチガス)と北日本ガスが、東京ガス管轄エリアと、東京ガスから卸供給されている栃木ガス管轄エリア内で小売り事業を行っています。
逆に東京ガス系列の企業も、ニチガスと子会社・北日本ガスのエリアへと進出しています。この地区にお住いの都市ガスユーザーの方は、他社への切り替えが可能になっているという状況です。