このページでは、賃貸の一戸建て住宅にお住まいの方、または引っ越し予定の方のプロパンガスについて解説します。
当社では、賃貸住宅のプロパンガス会社乗り換え、また新規で入居される方の申し込みも承っています。賃貸住宅の場合でも、一戸建てであれば多くの場合、自由にガス会社を選ぶことができます。ただし、場合によってガス会社が指定される場合もありますので、下記をご覧ください。
プロパンガスは、お住まいが一戸建てか集合住宅かによって内容が大きく異なります。賃貸のアパート・マンションにお住まいの方は、別ページをご覧ください。

集合住宅のプロパンガス

乗り換えるにはオーナーの許諾が必要

賃貸住宅でプロパンガスを申し込むには、必ず建物の持ち主であるオーナーの許諾が必要になります。借主が勝手に契約を締結することはできませんのでご注意ください。
多くの場合には、ガス会社選びは借主に任せるという形で自由に選ぶことができます。しかし、場合によってはオーナーがガス会社から宅内の設備について投資を受けているなど、オーナーとガス会社が結びついている可能性があります。そのような場合には、ガス会社が指定されることもあります。当社にご相談いただく前に必ずオーナー様の許諾を得るようにしてください。
オーナーや管理会社に確認する、または賃貸契約書にガスについての記載があるかどうかをご確認ください。

原状回復の必要はない

ガス会社を変更することによって、壁に穴を空けるなど建物の設備に手を加えることは通常ありません。従って例外を除き、退去する際に原状回復をする義務が発生することはありません。
上述した設備投資を受けていなければ、借主がガス会社を変更することによって、オーナーにデメリットが生じる要素はないのです。通常のケースでは、インターネットサービスなどと同じく、借主が自由にガス会社を選んで良いということになります。特に契約を制限する理由もないので、基本的には乗り換えOKになると思われます。

賃貸一戸建て住宅のプロパンガス料金

一戸建て住宅に関しては、「持ち家か賃貸か」によって料金が異なるということはありません。料金を知りたいという方は、このウェブサイトに掲載している料金を参照ください。

プロパンガス料金表

ただし、上述した設備投資をオーナーが受けている場合には事情が異なりますので、投資の有無を事前にご確認ください。

引っ越しの方も受け付けています

乗り換えだけでなく、新たに賃貸の一戸建て住宅に入居される方の受け付けももちろん可能です。上記事項を事前にご確認いただき、「ガス会社は自由に選べる」ということでしたら当社へとご相談ください。安い料金で供給する事業者へと取り次ぐことが可能です。

残存のボンベ確認

中古住宅へ新たに引っ越しをされる方の場合、多くのケースでは「前の入居者が契約していたガス会社のボンベやメーター」が残っている可能性があります。
「退去によって解約となったお宅にボンベ・メーターを残す」というのは、プロパンガス業界で広く行われている行為です。これは「次の入居者の契約を獲得する」ことを目的として意図的に行われるものです。
業界内では、伝統的に「会社同士のつながり」を重視する傾向があり、付き合いのある企業から顧客は奪わないという風潮が残っています。従って中古住宅へ引っ越しされる場合、「ボンベやメーターが残存しているか」さらに「どのガス会社のボンベ・メーターが残存しているか」が重要になります。
もし確認可能であればこの事項を事前にご確認ください。遠方にお住まいなど、難しい場合には、ガス会社のスタッフを確認に向かわせることも可能ですので、難しい場合にはその旨お伝えください。