プロパンガス供給の物件に引越しする方
物件によってはプロパンガス会社を選ぶことができない
集合住宅新築戸建住宅中古戸建住宅賃貸戸建住宅

プロパンガス(LPガス)は、お住まいの形態や所有によって提案内容が大きく異なるサービスです。

引越し先物件が「戸建住宅か集合住宅」か、さらに「持ち家か賃貸」によってガス会社を選べるかどうかが決まります。

物件によっては、ガス会社が決められていることも少なくありません。

この記事は次のような人におすすめ!

  • これからプロパンガス供給物件へ引越しする方
Looopでんき申し込み

集合住宅に引越しする方

集合住宅ではプロパンガス会社を選べない
プロパンガス供給の集合住宅はLPガス会社が決まっている

マンションやアパートなど一般的な集合住宅では「プロパンガスは一棟ごとの契約」となります。入居者は、ガス会社を選ぶことができません。

プロパンガス供給の集合住宅へ引越しする方は、物件の管理会社やオーナー、管理組合などに問い合わせていただき、決められたガス会社へ開栓の連絡をしましょう。

例外でガス会社を選べる集合住宅
メゾネットタイプの住宅など「ボンベが各戸専用に設置されている物件」では、集合住宅でもガス会社を選べることがあります。ただ、その際も所有者の承諾が必要となります。

集合住宅のプロパンガスについては、以下のページで詳しく解説しています。

新築の戸建住宅に引越しする方

新築住宅はプロパンガス会社を選べるのか
新築住宅は物件や建築状況によりLPガス会社が選べるかどうか分かれる

新築の戸建住宅では、不動産会社や工事施工業者とプロパンガス会社が提携していることがあり、事業者を選べないことも少なくありません。

建売住宅はガス会社が指定されている
特に建売住宅では、すでに宅内の配管工事やガス機器の手配が行われているため、ほとんどの物件でガス会社が決まっています。建売住宅では、「建物とLPガス会社がパックになっている」というイメージです。
※ただし「ガス供給設備の費用を一括で支払う」選択をすれば、ガス会社を選ぶことができます。
注文住宅ではケースにより異なる
注文住宅は、着工前や着工直後など「どのLPガス会社も作業をしていない状況」であれば、好きな事業者を選ぶことができます。
一方で物件が完成した後では、すでにどこかのLPガス会社がガス管工事や給湯器の手配などを行っていることが多く、他のガス会社が入り込むことができないようになっているのが一般的です。
※ただし「ガス供給設備費用が住宅の代金に含まれている場合」には、完成後でもガス会社を選べることがあります。施工会社の方針によっても異なります。
※または「初期費用を一括で支払う」選択をしている方は、同じくガス会社を選べます。

注文住宅と建売住宅どちらもお問い合わせいただく前に、必ず不動産会社などへ「ガス会社は自由に選べるかどうか」をご確認ください。

中古の戸建住宅を購入した方

中古住宅はプロパンガス会社を選ぶことができる
中古住宅はLPガス会社を選ぶことができる

持ち家の中古戸建住宅へ引越す方は、例外を除き自由にガス会社を選ぶことができます。

築年数15年以内の物件
例外で築浅物件などでは、前所有者がプロパンガス会社と長期契約を結んでいた可能性があります。
その契約を引き継いでいる場合には、ガス会社が指定されています。目安としては、築年数10~15年以内の建物です。
該当する方は、不動産会社に問い合わせるか売買契約書を確認しましょう。

ボンベやメーターの残存

中古住宅へ引越しする方のご注意点として、前の所有者が契約していたガス会社のボンベ又はメーターが残存している可能性があります。

プロパンガス業界では、転居により解約になったお宅でも、ボンベやメーターをあえて残しておくという行為が一般的に行われています。

メーターが残っている可能性
ボンベやメーターを撤去しない行為には、次の入居者の契約を獲得するという意図が含まれています。
近年では、保安上の観点からボンベを残すことは少なくなっていますが、メーターが設置されているケースは今も多くあります。

どのガス会社のメーターがあるのかによってご案内できる内容が変わります。

プロパンガス業界独自のルール
プロパンガス業界は、ガス会社同士横のつながりがあります。「取引関係にある企業からは顧客を奪わない」というルールがあるのです。
例えば残置しているのがA社のメーターであった場合「A社と取引関係にあるガス会社は、その物件には供給できない」可能性があります。
お問い合わせいただく前に可能な範囲で「ボンベ又はメーターが残存しているかどうか」、残っていた場合に「どのガス会社のボンベ、メーターなのか」をご確認いただけるとスムーズにご案内ができます。
ご自身で確認が難しい場合には、こちらで現地調査の手配ができますので、その旨をお知らせください。

ボンベやメーターは、ガス会社の所有物になります。一般の手続きでは、新しく契約するガス会社が返却など適切に対処することができます。従ってご自身で勝手に廃棄するなどの行為はしないようにご注意ください。

賃貸の戸建住宅に引越しする方

賃貸の戸建住宅はガス会社が決まっているかもしれない
事前に「ガス会社を変更して良いか」確認の上でお問い合わせください

賃貸の戸建住宅に入居する方は、事前にオーナー又は不動産会社へ「ガス会社を自由に選んで良いかどうか」の許諾を得る必要があります。

オーナーからガス会社が指定される物件も
物件によっては、オーナーとガス会社が長期契約を結んでいることがあります。このような場合、入居者はガス会社を選ぶことができなくなってしまいます。
そのほか、何らかの理由でオーナーがガス会社を指定している物件は少なくありません。

ガス会社が指定されているのとは反対に、「入居者が自由に選んで構わない」というオーナーも多くいらっしゃいます。

どちらの可能性もありますので、戸建ての賃貸物件のガス会社選びには、オーナーの許諾が必須ということでご認識ください。

プロパンガス会社が指定されている物件では、借主としてはそれに従うしか術がありません。お問い合わせいただく前に賃貸契約書をご確認いただくか、オーナー又は管理会社へとご確認ください。

Inquiry
Webform

LPガス会社と契約する際の初期費用と日程

プロパンガス会社と新たに契約する際、契約手数料や工事費などの初期費用は通常かかりません。

ただし中古戸建住宅では、ガス管や機器の老朽化などで例外的に費用がかかる事例もあります。

また賃貸住宅に引越しする方は、ガス会社から保証金を求められることが少なくありません。

メーターが残存している場合、1週間ルールが適用
その他、持ち家か賃貸問わず中古住宅に引越しする場合、状況によっては「7日間の日にちを空ける」必要があります。
これは、「すでに設置されているガス会社とは別の事業者」で開栓する際の決まりです。

ご相談いただく際には、なるべく日程に余裕を持ってご連絡ください。