このページでは、簡易ガスをご利用されている方に向けた情報を掲載しています。簡易ガスは、一般には「集中プロパン」と呼ばれることもあり、簡単に言うと「ボンベのいらないプロパンガス」のようなサービスです。
そもそも簡易ガスとはどんなサービスなのかという部分から、メリットやデメリットを解説しています。
意外と知られていませんが、簡易ガスも変更することは可能です。切り替え方法や、それによって受けられる特典なども掲載していますので、簡易ガスをご利用中の方はぜひご覧ください。

簡易ガスってどんなサービス?

簡易ガスガス事業法第2条第3項にて、簡易ガス事業は次のように定義されています。

ガス事業法に基づき許可を受けた簡易ガス事業者が、「一般の需要に応じ、政令で定める簡易なガス発生設備(特定ガス発生設備)においてガスを発生させ、導管によりこれを供給する事業であって、一の団地内におけるガスの供給地点の数が70以上のものをいう。」

ポイントは以下の4点です。

① 簡易ガスを供給するには「簡易ガス事業者」として認可される必要がある。

簡易ガスを供給するためには経済産業省の認可が必要となります。簡易ガスを専業で営んでいるという事業者はなく、プロパンガスか都市ガスの事業者が簡易ガス事業も行っているという状況です。

② 簡易的なガス発生設備から「導管を通じて」需要家へ供給されるものである。

簡易的なガス設備とは、ガス基地で見られる巨大なガスタンクほど大きくなく、よく見かける一般宅に設置された個別のボンベほど小さくはない、中型のガスタンクです。
団地や集合住宅の一角に設置されているものを見たことがある方もいるかもしれません。
プロパンガスサービスは、各戸にボンベを設置し、そこからガスを供給します。都市ガスは、簡易的なガス設備がなく、すべて導管を通じて供給されます。
それに対し簡易ガスは、近くに中規模のガスタンクがあり、そこから地中に埋設された導管を通じて供給されるという特徴があります。

③ 70世帯以上のまとまった区域に対し、1事業者が供給するサービスである。

ある程度まとまった顧客がいない限り簡易ガスの供給はできないため、後から簡易ガスに変更するというよりも、住宅建設の段階から「この区画は簡易ガスにする」と決められた上で事業者進められるケースが多いようです。従って団地やニュータウン、もしくは大規模な集合住宅など、計画的に開発された住宅地では、簡易ガスの割合が高くなっています。

④ 供給されるガスの中身は、ほとんどの場合プロパン(LP)ガスである。

例外はありますが、簡易ガスで消費者に供給されるのはプロパンガスです。つまり簡易ガスとは、プロパンガスや都市ガスのように「サービス名」を指すのではなく、ガスがどのように供給されているのかを指す、供給形態のひとつなのです。
プロパンガスというと、お宅の脇のボンベという印象ですが、簡易ガスの場合には一戸一戸ずつボンベが設置されるということは通常ではありません。
前者・一般のプロパンガス供給を「ボンベ供給方式」と呼ぶのに対し、一般的な簡易ガスの形態を「バルク供給方式」と呼びます。
※簡易ガスの場合でも、ボンベを一か所に集めて供給するボンベ供給方式を採用しているケースもあり、すべての簡易ガスサービスがバルク供給方式を採用しているということではありません。逆に簡易ガスサービスではない(70戸未満の)集合住宅や団地でもバルク供給方式を採用していることもあるので、バルク供給方式=簡易ガスの供給方式ということではありません。
※数としては少ないですが、簡易ガスの方式で都市ガスが供給されている住宅地もあります。

簡易ガスの長所

簡易ガスを利用されているお宅のメリットとして、第一に「料金の安定」が挙げられます。一般のプロパンガスサービスの料金は規制されていないのに対し、簡易ガスの料金は経済産業省の認可料金となるため、事業者が勝手に料金を決めることができません。プロパンガスの場合、「知らない間に料金が高くなっていた」ということがよくありますが、簡易ガスは規制されているため、そのような事業者の横暴は許されません。利用者としては、料金の変動に心配する必要がなく、安心して利用することができるといえます。
料金が安定するだけではなく、簡易ガスの従量料金はとても安く設定されています。それぞれの供給区域によって差はありますが、総じて簡易ガスの料金はとても安いです。このWebサイトでは、一般のプロパンガスサービスでの料金表を掲載していますが、その金額と同等かまたは更に安い料金で利用することができます。
※ただし、簡易ガスにおいてもかなり高めの料金で設定されている地区も存在します。料金が安定するという意味でメリットは大きいのですが、「変動しても構わないのでガス代を安くしたい」と考えている方は、通常のボンベを設置するLPガスに変更することによって価格を抑えることが可能です。

料金を下げることができる要因は供給方式にあります。
一般のプロパンガスは、お宅ごとにボンベを設置し、担当者が毎月ボンベの交換作業を行う必要があるのに対し、簡易ガスはまとめられた一か所にのみ補充を行えばよいので、事業者としては大幅に手間を省くことができます。
配送の手間を大幅に省略することができるため、事業者としても低価格での供給を実現することができるのです。
それ故に、特に都市ガスが配備されていない地域では、計画段階で「この団地は簡易ガスにしよう」と決めたりすることがあります。
また、まとまった顧客数を獲得できるということで、事業者側としても大きなメリットを持っています。

また、プロパンガスの高い汎用性を生かして、災害などの緊急時に比較的早い復旧が見込まれることも簡易ガスのメリットとして挙げられるでしょう。

簡易ガスの短所

簡易ガスのデメリットはほとんどありませんが一つだけ、事業者の切り替えができないということが挙げられます。ただ、下の項目に記すように厳密には事業者を切り替えることは可能ですが、「簡易ガス事業者」を変更するのは実質的に不可能に近い作業です。

上述したように、簡易ガスはガス設備から地中に整備した導管を通して、各お宅へと供給されます。このうち、ガス設備はもちろん事業者の所有物となり、さらに各お宅へとつながる地中の導管もガス会社の所有物となります。
もしもその地区の簡易ガス会社を別の会社へと変更する場合、それらの設備を丸ごと新しい事業者が買い取る必要性があります。さらに「売るか、売らないか」の判断は所有している事業者の判断となりますので、通常で考えると、ガス会社が「70件以上のまとまった顧客」と「自社で投資して整備した導管などの設備」をわざわざ他社へと売り渡すという判断をするとは考えにくいといえるでしょう。
もしも居住者の皆さんで声を上げれば可能なのかもしれませんが、極めて難しい作業だと考えられるため、「簡易ガスの事業者を」他の事業者へと変更することは、不可能に近くなってしまいます。
仮にその事業者とお客様の間でなにかトラブルが発生したとしても、その場所で簡易ガスを利用し続ける限り、会社を変えることはできないといえます。

個人の意思では、容易に会社を切り替えられないということがデメリットであるということができます。

簡易ガスは変更できるのか

上述したように、簡易ガス事業者から別の簡易ガス事業者へと切り替えるのは極めて難しくなっていますが、簡易ガスから一般のプロパンガスサービスへと切り替えることは普通に可能です。
つまり、導管から供給される簡易ガスを解約して、一般のプロパンガス利用宅と同じように自宅の横にボンベを設置し、そこから供給する形に変更することになります。
事例としては多くはありませんが、少なからずメリットがあるため、このような変更を行う方が少なからずいらっしゃいます。

※集合住宅にお住いの方は、切り替え方法をこちらのページで詳しく解説しています。

簡易ガスからプロパンガスへ変更するメリット

簡易ガスサービスは利用料金が安い分、ガス供給以外のサービスは行われていないというのが状況です。
一般のプロパンガスサービスの場合、事業者によってはエアコンや給湯器・コンロなど、宅内の設備を無償で提供するというサービスを行っています。つまり交渉次第では、宅内の設備をタダでもらうことができるのです。(ただし、そのぶん従量料金が上げられる可能性や、長期契約を結ぶ必要性があります。)
このサービスに魅力を感じて、なお且つ料金の安さよりもその方が重要だと判断された方は、一般のプロパンガスサービスへ切り替えることがあります。

今までのケースでは、簡易ガスの区画へ途中入居された方や、ガスの使用量が少ないお宅で、料金に関してそこまでの差額が発生しない方は、このような切り替えをされる方がいらっしゃいます。また、上述したように簡易ガスであっても、「必ずしも通常のプロパンガスよりも安い」ということではありません。一部の地域においては、簡易ガスよりもプロパンガスの方が安い価格を実現しているので、「料金が安くなる」ことを目的にプロパンガスに変更するというケースも少なくはありません。

切り替えた際の料金についてはこちらをご覧ください。

簡易ガスを解約するデメリット

簡易ガスから普通のプロパンガスへと変更することで、上述したような「料金の安さ・安定」という大きなメリットを失うことになります。ケースによっては、そこまで大きな差額にならないこともありますが、それでも認可されている料金とされていない料金とでは、認可されて決められた料金の方が間違いなく安くなります。
変更することで、毎月の料金面で不利になってしまうことは間違いないでしょう。

また、導管から供給される簡易ガスを解約することで、自宅にだけボンベが設置されることになります。気にしない方はまったく問題ないでしょうが、外観を気にされる方は慎重に検討された方が良いでしょう。

メリットとデメリットの概要は以上となります。
簡易ガスは、特に料金面で大きな利点を持つサービスです。簡易ガスをご利用中で解約を検討されている方は、くれぐれも慎重にご判断するようご注意ください。
それでも検討しようという方は、当社へご相談いただけましたら、地域でもっとも安いガス事業者へと取り次ぐことができますのでまずはご一報ください。