北相木村の花シャクナゲ
北相木村の花シャクナゲ

このページのプロパンガス料金表は、北相木村内で当社がご案内可能な最低料金を掲載しています。

株式会社newcreateではプロパンガスコストの見直しをお勧めすると同時に、ガス会社乗り換えのお手伝いをしております。費用は無料で優良なLPガス事業者へと取次ぎを行います。下記の価格表をご覧になって少しでも気になった方は、お気軽にご相談ください。電話での対応はもちろん、メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
供給事業者の乗り換えをご検討されている方、お引越しなどで新規に導入をご検討されている方など、プロパンガス契約に関することであれば承ることが可能です。

LPガスは個々のお宅で料金が異なるという特殊な料金体系であるため、お客様一人ひとりが気を付けなければ、費用が高騰してしまう可能性があります。定期的にでも他社の金額と比べていただき、ご自宅の料金が高くなっていないか、適正範囲に抑えられているかどうかをチェックすることがとても大切です。月々のガス代を少しでも安く抑えたいとお考えの方は、ぜひ現在の金額と下記の最安値を比べてみてください。

当社では、安心して任せられるガス会社のみをお客様にご紹介することで信頼を積み重ねてまいりました。下記の最安値価格は、提携しているLPガス会社の中で、最も安い料金で供給している企業のものを掲載しています。地域の平均相場につきましては、公表されているデータを基に算出していますので、比較する際の目安としてご利用ください。

尚、北相木村内にお住まいの方でも、エリアやご契約中の企業によっては、最安値でのご案内ができかねる場合がありますのであらかじめご了承ください。

※このページでは一戸建て居住の方に向けた内容を中心に掲載しています。アパートやマンションなど集合住宅の方については、別ページで詳しく解説しています。

アパート・マンションのプロパンガス料金

長野県全体のプロパンガスページに戻る

長野県北相木村のプロパンガス料金を比較

南佐久郡北相木村のプロパンガス平均値

単位は全て(円)

基本料金:1,642 従量単価:534円
ご使用量 ご請求額(税込み)
5㎥ 4,782
10㎥ 7,793
20㎥ 13,317
50㎥ 28,570

※出典:「石油情報センター」長野県上小・佐久地域平均価格から計算しています。

※従量単価は20㎥の合計金額から算出(小数点以下は非表示)

矢印

南佐久郡北相木村でご案内可能なプロパンガス価格

基本料金:1,600円 従量単価:380円
ご使用量 ご請求額(税込)
5㎥ 3,850
10㎥ 5,940
20㎥ 10,120
50㎥ 22,660

詳しい料金表は以下をご覧下さい。

プロパンガス最低価格

基本料金:1,600円 従量単価:380円
 ご使用量 ご請求額(税込)
5㎥ 3,850
6㎥ 4,268
7㎥ 4,686
8㎥ 5,104
9㎥ 5,522
10㎥ 5,940
11㎥ 6,358
12㎥ 6,776
13㎥ 7,194
14㎥ 7,612
 15㎥ 8,030
 16㎥ 8,448
 17㎥ 8,866
 18㎥ 9,284
 19㎥ 9,702
 20㎥ 10,120
 21㎥ 10,538
 22㎥ 10,956
 23㎥ 11,374
 24㎥ 11,792
 25㎥ 12,210
 30㎥ 14,300
 35㎥ 16,390
 40㎥ 18,480
 45㎥ 20,570
 50㎥ 22,660

Inquiry

Webform


アパートやマンションなど集合住宅にお住いの方は集合住宅のLPガスをご覧ください。

北相木村でプロパンガス会社を乗り換え

北相木村の木カラマツ
北相木村の木カラマツ

料金表をご覧になっていかがでしたでしょうか?

北相木村の平均値と当社がご案内可能な最低料金を比べると、大きな差額があることがご理解いただけるかと思います。

プロパンガスは供給契約を結ぶ事業者によって設定金額が大きく異なるという特徴を持っています。ガス会社が料金を決める際、国や自治体などの許可を得る必要がないため、自由に料金を決めることができるのです。高い料金設定を行う事業者と、安い料金設定を行う事業者が混在することになり、上記のように平均価格が高くなってしまう傾向にあります。
現在のところ値段設定を取り締まるような法律や制度はないため、このような状況は当面続いていくと考えられます。

もう1点プロパンガス料金の大きな特徴として挙げられるのが、各戸によって料金が異なるという点です。同じガス会社と契約しているお宅でも、異なる単位価格が設定されるということが日常的に行われています。(全戸共通の料金プランを採用している事業者もあります)
また従量料金の変動も頻繁に行われるため、LPガス利用者はそれぞれのお宅で料金に注意する必要があると言えるでしょう。ランニングコストを気にしていなかった結果、気づいたら高くなってしまっていたというご相談を非常に多くいただいております。
上述したように、業界には料金を取り締まる仕組みがないため、費用面に対してこだわりを見せない顧客に対しては、故意に値上げを行う事業者も存在しています。
そのような状況を防ぐためにも、ご自宅の料金が適正の範囲内なのかどうか、他社に変更した場合に安くなるのかどうかを、消費者の皆さまが気を配ることがとても重要となってくるのです。

インターネットが普及していなかった時代には、他社の売価を知ること自体にひと手間かかるような状況でした。しかし現在では社会の情報化が進み、消費者が簡単に情報を得ることができるようになりました。消費者側の立場が強くなったため、プロパンガス業界では事業者の切り替えが盛んに行われるようになっています。


一般の契約では、ガス会社を変更する際に費用は一切かかりません。すべての手続きを無料で行うことができます。また給湯器やコンロなど機器の変更や設定なども必要なく、手続きは非常に簡単です。
上記の最安値とご自宅の料金の差額が大きかったお宅は、ぜひ事業者の乗り換えをご検討ください。
当社へご連絡頂く際は、
①長野県南佐久郡北相木村に続く町名
②現在ご契約されているLPガス会社
③ご自宅が持家か賃貸かどうか
④使用量と請求金額

以上を伺うことになりますので、あらかじめ利用明細をご用意頂けますとスムーズにご案内可能です。
長野県全体のプロパンガスページに戻る

プロパンガスは無料で乗り換えできる

毎月の料金が安くなるのは嬉しいけど、初期費用などガス会社を変更する際にかかる料金について気になっている方も多いかと思います。
一般のケースでは、プロパンガスの事業者を変更する際に料金はかかりません。旧事業者に支払う違約金などから、新事業者に支払う工事費用・登録手数料などは、通常の契約では制限を設けていないため0円です。すべての手続きを無料で行うことができます。

従って、基本的には何度でも無料で会社を変更することができます。
プロパンガス業界は、料金が不透明な部分や、適正な取引が行われていないことが問題になることも多いのですが、一方でこのように消費者が自由に会社を変更できるという良い部分もあるのです。
気に入らなかったら変更すれば良いという考え方ができますので、会社を変更して安くなる状況であれば積極的に乗り換えることをお勧めしています。

ただ、例外のケースとして、新築物件の場合や、給湯器などのガス機器を事業者から無償で提供されている場合などでは、設備費用を無料とするかわりに、違約金付きの複数年契約を結んでいることがあります。
心あたりのある方は、契約書をご確認いただくか、契約中のガス会社にお問い合わせください。

確認した結果が分割払いの途中であったり、違約金の発生が伴うような場合でも、金額によっては切り替え先のガス会社が代わりに支払うことが可能です。つまりお客様の残債などを新事業者が肩代わりできるため、お客様の支払いは0円で変更することができます。
ただそのような場合には、新しく契約する際の従量単価が変わる可能性や、ガス会社から長期契約を提案されることがあります。具体的な金額に関してはケースによって大きく異なる内容となりますので、まずはお気軽にご相談ください。金額によっては全額をガス会社が負担することが難しいケースもありますので、あらかじめご了承ください。

新規ガス料金の継続期間

掲載している最安値の料金は、新規で契約されるお客様に適用される最安値料金となります。よくいただくご質問のなかで、契約した後の料金についてご案内いたします。

新規の料金から変動方針については、企業によって方針が大きく異なります。
多くの企業では、新規の料金は一定期間継続され、値上げされることはありません。目安としては6ヶ月から1年の期間となります。
継続期間が終了した後は、プロパンガス仕入れ価格の上下に比例させる形で、お客様への従量料金を変動することになります。

一方で一部のガス会社では、上述のような新規料金の継続期間を定めていない事業者もあります。そのような方針を採用している企業の場合、都市ガスと同じように「原料調整費」などの名目で、毎月料金が変動することになります。つまりプロパンガスの輸入価格に連動する形で、お客様へのガス料金を上下させるのです。
この場合、「1年間値上げしない」というようなお約束をすることはできないのですが、ガス料金は必ず輸入価格に連動することから、値上げされることもあれば必ず値下げされることもあります。プロパンガス料金が高騰してしまう主な要因は「理由のない値上げ」ですので、「不当に値上げされることがない」という意味で、この料金プランを採用しているガス会社はおすすめすることができます。

※料金の変動方針については、ガス会社によってそれぞれ特色が異なります。詳しくはご相談いただいた際にご案内いたします。また、お問い合わせいただいた後に、ガス会社へ取り次ぐことになりますので、詳細はその時にご確認ください。

北相木村のプロパンガス会社を探す

プロパンガスの事業者数は、日本全国で2万社近くにのぼります。お客様ご自身で事業者を探す場合には、1社ずつ問い合わせなければなりません。お客様のご自宅へ提供可能で、なお且つ安い事業者を探すとなると、非常に手間がかかってしまうでしょう。
またプロパンガスの事業者は、新規の料金を簡単に開示しない傾向にあるため、一つの事業者の価格を確認するだけでかなり時間を取られてしまうかもしれません。
当社へご相談いただけましたら、その作業を一元化し、一度で終わらせることが可能です。お客様宅に提供可能で、最も安い料金で供給可能な優良会社をご紹介しています。
もちろん、費用は無料で、当社経由で申し込んだからといってその後の料金が上がりやすいなどということは一切ありません。

加えて当社では、一定以上の規模を持つガス事業者限定で提携を行っております。ガスサービスは、料金と同時に契約した後の保安管理の体制など「安心して利用できるかどうか」がとても大事なポイントとなります。当社では、長年の業界経験を持っておりますので、多くの企業と提携しております。料金を安くできると同時に、お客様が安心してガスを利用できる会社へと取次ぎを行います。

北相木村のプロパンガスと都市ガス

北相木村は長野県東部に位置する村、南佐久郡に属しています。村域のおよそ9割を山林によって占められる山あいの村、御座山をはじめとして美しい大自然に囲まれています。

この地域は元々相木村という一つの自治体でしたが、戦国時代1565年に南北に分立し、北相木村となりました。そして1889年(明治22年)に町村制の施行を受け、正式に単独の自治体となっています。

北相木村のガスサービスは、プロパンガスが広く普及しています。地下にガス管が敷設されていないため、都市ガスを使用することが現状ではできません。近隣の自治体も都市ガスエリア外になっている上、上述したように北相木村はほとんどが山間部によって構成されています。今後も導管が敷設される可能性は極めて低いと考えられます。

【プロパンガスの「一週間ルール」とは】

過去にガス事業者を切り替えたご経験のある方はご存じかもしれませんが、プロパンガス業界には「一週間ルール」というものが存在します。
このルールはどのようなものなのかを解説したいと思います。

通常のプロパンガス契約の切り替え時では、
① 新事業者との契約締結
② 新事業者が旧事業者へ解約の通知(本来は消費者の作業ですが、委任状をもらうことにより、新事業者が代行することができます。)
③ 新事業者のボンベ・マイコンメーター等の設備の設置、同時に旧事業者の設備の撤去
④ 切り替え完了
⑤ 新事業者が旧事業者へ、撤去した設備の返却
このような流れで切り替え作業が行われます。

この際に②と③の間に一週間、日にちを空けることを定めているのが、通称で一週間ルールと呼ばれているのです。

なぜこのようなルールが決められているのでしょうか。

このルールは液化石油ガス法(以下、液石法)に基づいて設定されています。液石法の条文はややわかりにくいので簡単に説明すると、以下のように定められています。

① 旧事業者は、消費者(又は新事業者)から契約解除の申し出があった場合は、原則として一週間以内にガス設備を撤去しなければならない。
② 新事業者は、旧事業者に解約の申し出があってから、原則一週間を経過する前に旧事業者のガス設備の撤去をしてはならない。

つまり旧事業者には一週間以内に設備を撤去することを指示し、新事業者には一週間以上間隔を空けることを指示しているのです。つまり解約の通知から一週間後に撤去と設置を行うと、両者にとって都合がよくなります。あくまでも目安とされているので、顧客の都合で数日間ずれてしまうことがあっても問題ありません。

この規定は消費者保護のために定められたものです。2000年代は、各企業や営業ブローカーによって、問題のある切り替え行為が行われていました。
悪質な例を挙げると、
(ア) 旧事業者が、解約の通知を受けたにも関わらず、いつまで経っても設備の撤去を行わない。
(イ) 新事業者が、消費者に考える間を与えずに設備の設置を行ってしまう。

①は「解約を先延ばしにするような行為を防ぐもの」、②は「消費者に冷静になって契約に間違いが無いかどうかを判断してもらう期間を設けること」を目的としています。

プロパンガス業界では、市場が比較的自由であり、事業者数は全国で2万社近くと極めて多い状態です。メリットもありますが、比例してトラブルの件数も多いという現状があるのです。
そのためこのように細かい規定を定めることによって、トラブルを未然に防いでいます。