福井市の養浩館庭園
福井市の養浩館庭園

このページのプロパンガス料金表は、福井市内で当社がご案内可能な最低料金を掲載しています。

株式会社newcreateではプロパンガスコストの見直しをお勧めすると同時に、ガス会社変更のお手伝いをしております。費用は無料で優良なLPガス事業者へと取次ぎを行います。下記の価格表をご覧になって少しでも気になった方は、お気軽にご相談ください。電話での対応はもちろん、メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
供給事業者の切り替えをご検討されている方、お引越しなどで新規に導入をご検討されている方など、プロパンガスの契約に関することでしたらどんなことでも承ります。

LPガスは個々のお宅で料金が異なるという特殊な料金体系であるため、お客様一人ひとりが気を付けなければ、費用が高騰してしまう可能性があります。定期的にでも他社の金額と比べていただき、ご自宅の料金が高くなっていないか、適正範囲に抑えられているかどうかをチェックすることがとても大切です。月々のガス代を少しでも安く抑えたいとお考えの方は、ぜひ現在の金額と下記の最安値を比べてみてください。

当社では、安心して任せられるガス会社のみをお客様にご紹介することで信頼を積み重ねてまいりました。下記の最安値価格は、提携しているLPガス会社の中で、最も安い料金で供給している企業のものを掲載しています。地域の平均相場につきましては、公表されているデータを基に算出していますので、比較する際の目安としてご利用ください。

尚、福井市内にお住まいの方でも、エリアやご契約中の企業によっては、最安値でのご案内ができかねる場合がありますのであらかじめご了承ください。

※このページでは一戸建てにお住いの方に向けた内容を中心に掲載しています。アパートやマンションなど集合住宅にお住いの方については、別ページで詳しく解説しています。

福井県全体のプロパンガスページに戻る

福井市のプロパンガス料金を比較

福井市のプロパンガス平均値

単位は全て(円)

基本料金:1,770円(税別)従量単価:624円(税別)
使用量(単位:㎥)請求額(単位:円|税込)
55,701
109,162
2015,679
5032,939

※出典:「石油情報センター」2022年12月 福井県福井地域平均料金から計算しています。

※従量単価は20㎥の合計金額から算出(小数点以下は非表示)

矢印

福井市でご案内可能なプロパンガス価格

基本料金:1,500円(税別)従量単価:350円(税別)
使用量(単位:㎥)請求額(単位:円|税込)
53,575
105,500
209,350
5020,900

詳しい料金表は以下をご覧下さい。代表的な料金プランを掲載しています。

「基本料金が安いプラン」などのご要望がありましたらお問い合わせください。ケースによってはご提案が可能です。

基本料金:1,500円(税別)従量単価:350円(税別)
 使用量(単位:㎥)請求額(単位:円|税込)
12,035
22,420
32,805
43,190
53,575
63,960
74,345
84,730
95,115
105,500
115,885
126,270
136,655
147,040
 157,425
 167,810
 178,195
 188,580
 198,965
 209,350
 219,735
 2210,120
 2310,505
 2410,890
 2511,275
 3013,200
 3515,125
 4017,050
 4518,975
 5020,900

Inquiry

Webform

アパートやマンションなど集合住宅にお住いの方は集合住宅のLPガスをご覧ください。

福井市でプロパンガス会社を乗り換え

福井市小次郎の里
福井市 小次郎の里

料金表をご覧になっていかがでしたでしょうか?

福井市の平均値と当社がご案内可能な最低料金を比べると、大きな差額があることがご理解いただけるかと思います。

プロパンガスは供給契約を結ぶ事業者によって設定金額が大きく異なるという特徴を持っています。ガス会社が料金を決める際、国や自治体などの許可を得る必要がないため、自由に料金を決めることができるのです。高い料金設定を行う事業者と、安い料金設定を行う事業者が混在することになり、上記のように平均価格が高くなってしまう傾向にあります。
現在のところ値段設定を取り締まるような法律や制度はないため、このような状況は当面続いていくと考えられます。

もう1点プロパンガス料金の大きな特徴として挙げられるのが、各戸によって料金が異なるという点です。同じガス会社と契約しているお宅でも、異なる単位価格が設定されるということが日常的に行われています。(全戸共通の料金プランを採用している事業者もあります)
また従量料金の変動も頻繁に行われるため、LPガス利用者はそれぞれのお宅で料金に注意する必要があると言えるでしょう。ランニングコストを気にしていなかった結果、気づいたら高くなってしまっていたというご相談を非常に多くいただいております。
上述したように、業界には料金を取り締まる仕組みがないため、費用面に対してこだわりを見せない顧客に対しては、故意に値上げを行う事業者も存在しています。
そのような状況を防ぐためにも、ご自宅の料金が適正の範囲内なのかどうか、他社に変更した場合に安くなるのかどうかを、消費者の皆さまが気を配ることがとても重要となってくるのです。

インターネットが普及していなかった時代には、他社の売価を知ること自体にひと手間かかるような状況でした。しかし現在では社会の情報化が進み、消費者が簡単に情報を得ることができるようになりました。消費者側の立場が強くなったため、プロパンガス業界では事業者の切り替えが盛んに行われるようになっています。


一般の契約では、ガス会社を変更する際に費用は一切かかりません。すべての手続きを無料で行うことができます。また給湯器やコンロなど機器の変更や設定なども必要なく、手続きは非常に簡単です。

上記の最安値とご自宅の料金の差額が大きかったお宅は、ぜひ事業者の乗り換えをご検討ください。

当社へご連絡頂く際は、
①福井県福井市に続く町名
②現在ご契約されているLPガス会社
③ご自宅が持家か賃貸かどうか
④使用量と請求金額

以上を伺うことになりますので、あらかじめ利用明細をご用意頂けますとスムーズにご案内可能です。

プロパンガスは無料で変更できる

毎月の料金が安くなるのは嬉しいけど、初期費用などガス会社を変更する際にかかる料金について気になっている方も多いかと思います。
一般のケースでは、プロパンガスの事業者を変更する際に料金はかかりません。旧事業者に支払う違約金などから、新事業者に支払う工事費用・登録手数料などは、通常の契約では制限を設けていないため0円です。すべての手続きを無料で行うことができます。

従って、基本的には何度でも無料で会社を変更することができます。
プロパンガス業界は、料金が不透明な部分や、適正な取引が行われていないことが問題になることも多いのですが、一方でこのように消費者が自由に会社を変更できるという良い部分もあるのです。
気に入らなかったら変更すれば良いという考え方ができますので、会社を変更して安くなる状況であれば積極的に乗り換えることをお勧めしています。

ただ、例外のケースとして、新築物件の場合や、給湯器などのガス機器を事業者から無償で提供されている場合などでは、設備費用を無料とするかわりに、違約金付きの複数年契約を結んでいることがあります。
心あたりのある方は、契約書をご確認いただくか、契約中のガス会社にお問い合わせください。

確認した結果が分割払いの途中であったり、違約金の発生が伴うような場合でも、金額によっては切り替え先のガス会社が代わりに支払うことが可能です。つまりお客様の残債などを新事業者が肩代わりできるため、お客様の支払いは0円で変更することができます。
ただそのような場合には、新しく契約する際の従量単価が変わる可能性や、ガス会社から長期契約を提案されることがあります。具体的な金額に関してはケースによって大きく異なる内容となりますので、まずはお気軽にご相談ください。金額によっては全額をガス会社が負担することが難しいケースもありますので、あらかじめご了承ください。

最安値料金の継続期間

掲載している最安値の料金は、新規で契約されるお客様に適用される最安値料金となります。よくいただくご質問のなかで、契約した後の料金についてご案内いたします。

新規の料金から変動方針については、企業によって方針が大きく異なります。
多くの企業では、新規の料金は一定期間継続され、値上げされることはありません。目安としては6ヶ月から1年の期間となります。
継続期間が終了した後は、プロパンガス仕入れ価格の上下に比例させる形で、お客様への従量料金を変動することになります。

一方で一部のガス会社では、上述のような新規料金の継続期間を定めていない事業者もあります。そのような方針を採用している事業者の場合、都市ガスと同じように「原料調整費」などの名目で、毎月料金が変動することになります。つまりプロパンガスの輸入価格に連動する形で、お客様へのガス料金を上下させるのです。
この場合、「1年間値上げしない」というようなお約束をすることはできないのですが、ガス料金は必ず輸入価格に連動することから、値上げされることもあれば必ず値下げされることもあります。プロパンガス料金が高騰してしまう主な要因は「理由のない値上げ」ですので、「不当に値上げされることがない」という意味で、この料金プランを採用しているガス会社はおすすめすることができます。

※料金の変動方針については、ガス会社によってそれぞれ特色が異なります。詳しくはご相談いただいた際にご案内いたします。また、お問い合わせいただいた後に、ガス会社へ取り次ぐことになりますので、詳細はその時にご確認ください。

福井市のガス会社を探す

プロパンガスの事業者数は、日本全国で1万7千社ちかくにのぼります。お客様ご自身で事業者を探す場合には、1社1社へ問い合わせなければなりません。お客様のご自宅へ提供可能で、なお且つ安い事業者を探すとなると、非常に手間がかかってしまうでしょう。
またプロパンガスの事業者は、新規の料金を簡単に開示しない傾向にあるため、1社の料金を確認するだけでかなり時間を取られてしまうかもしれません。
当社へご相談いただけましたら、その作業を一元化し、一度で終わらせることが可能です。お客様宅に提供可能で、最も安い料金で供給可能な優良会社をご紹介しています。
もちろん、費用は無料で、当社経由で申し込んだからといってその後の料金が上がりやすいなどということは一切ありません。

加えて当社では、一定以上の規模を持つガス事業者限定で提携を行っております。ガスサービスは、料金と同時に契約した後の保安管理の体制など「安心して利用できるかどうか」がとても大事なポイントとなります。当社では、長年の営業経験を持っておりますので、多くの企業と提携しております。料金を安くできると同時に、お客様が安心してガスを利用できる会社へと取次ぎを行います。

福井市のLPガスと都市ガス

福井市一乗谷朝倉氏遺跡
福井市 一乗谷朝倉氏遺跡

福井市は福井県北部に位置する市。同県の県庁所在地であり中心都市です。

福井市は、日本で最初に誕生した市のひとつで、1889年(明治22年)に市町村制が施行されたことにより、福井城周辺の区域をもって同市が発足しました。

この地は中世・戦国時代に朝倉氏による支配を受け、一乗谷城を中心に栄えたことで知られています。織田信長による侵攻により一乗谷城が落城した後、信長麾下の柴田勝家によって治められました。勝家は本拠地を一乗谷から北ノ庄へと移し、北ノ庄城を築きます。同城はその後福井城へと改称しましたが、天守のあった場所には現在も福井県庁が建てられています。
現在の福井市発展の礎は、柴田勝家によって築き上げられたと言っても過言ではないかもしれません。勝家はその後、羽柴秀吉との戦に敗れ、北ノ庄の地で自害して果てることになりますが、現在でも福井の地では高い人気を誇っています。

現在の福井市は、このように様々な歴史遺産を継承しつつ、福井市の政治経済、文化の中心都市として発展しています。

福井市のガスサービスは、都市ガスとプロパンガス双方が普及しています。都市ガスを使用するためには、地下にガス管を敷設する必要がありますが、市内では福井市の企業局によって整備されています。つまり福井市が「導管事業者」となり、公営ガスとして供給されています。
経済産業省のデータでは、2013年度における市内の「都市ガスメーター取付数」は、22604個となっています。一世帯の人口が3人だと仮定すると、市内の都市ガス利用者数は67812人という計算になります。福井市の人口は25万人以上となっていますので、都市ガスの利用世帯数は現状限られており、多くのお宅でプロパンガスが利用されていると推測されます。
都市ガスは、以前は独占供給が認められていましたが、2017年4月に全面的に自由化され他社への乗り換えが解禁されました。自由化の影響もあり、近年では公営ガスが民営化される動きが進んでいます。公営のガスサービスでは、料金面などにおいて他事業者の参入を難しくしてしまう傾向にあるため、公平な競争が生まれにくいという事情があるのです。そのため現在は公営である福井市の都市ガス事業も、将来的にはどこかの民間企業へと譲渡される可能性があるでしょう。

都市ガスの長所としては、ボンベ交換の必要がないことや、LPガスよりも料金が安価で安定していることが挙げられます。特に料金面においてはプロパンガスと比べて優位性を保っている状況で、「どちらも選択できる状況」であれば、近年ではプロパンガスよりも都市ガスを選択するという方が大半を占めるようになっています。
これは都市ガスが元々公共サービスであり、料金設定をするにあたり、国による許可が必要であったことに由来しています。つまりガス会社が勝手に料金を決めるということができず、必ず国の許可を得なければならないのです。そのため都市ガスの場合には、ガス料金を消費者にとって不利になるような高値では設定できないような仕組みが出来上がっています。まして福井市は公営でガスサービスが営まれているので、なおさら料金面では安心できると言えるでしょう。

一方でプロパンガスは、自由料金制が採用されています。都市ガスとは対照的にガス会社が自由に料金を決めることができるのです。そのため、料金が高い事業者と料金が安い事業者の差額が非常に大きくなる傾向にあります。また同じ事業者と契約しているお宅でも異なる料金プランが適用されるのもプロパンガスならではであり、これも自由料金制であるからこその特徴なのです。
本来プロパンガスの料金も都市ガスと比べて大幅に高くなるようなことはないはずなのですが、上記のような特徴があることから、必要以上に高値で設定されているケースが非常に多くなってしまうのです。

そのことを消費者側が納得した上で契約しているのであれば何の問題もありませんが、知らずに高値のまま使用し続けている方が多くいらっしゃる状況です。ほとんどの方はガス代を安く抑えたいと考えているはずですから、このようなLP業界のシステムが近年では問題視される傾向にあるのです。
特に今まで料金を気にされていなかったようなお宅では、未だに考えられないほどの高い料金を設定されている可能性があり得るので、十分に注意するべきでしょう。プロパンガス事業者でも都市ガスの水準に近いくらいの安値で供給している事業者は複数存在しています。
このページに掲載している最安値料金との差額が大きかったお宅では、ガス会社を乗り換えることによって、ガス代を大きく安くすることができるかもしれません。検討される際には、お気軽に当社までご相談ください。