当社では都市ガスの切り替えも受け付けています。都市ガスご利用中または引っ越し予定で料金を安く抑えたいと考えている方は、お気軽にご相談ください。

都市ガス問い合わせフォーム

都市ガス乗り換えの対応可能事業者・エリアは以下の通りです。

切り替え対象事業者

  • 東京ガス
  • 武州ガス
  • 角栄ガス
  • 鷲宮ガス
  • 大東ガス
  • 東部ガス
  • 栃木ガス
  • 野田ガス
  • 武陽ガス
  • 館林ガス
  • 昭島ガス
  • 秦野ガス
  • 厚木ガス
  • 伊奈都市ガス

対応可能エリア

2000円商品券プレゼント

Inquiry

Webform

都市ガス自由化

それまで業務用に限るなど段階的に進められてきた都市ガスの自由化ですが、2017年4月に全面的に自由化され、一般家庭においても他社への乗り換えが可能になりました。

都市ガス小売事業を行う会社は、経済産業省の資源エネルギー庁に届け出る必要があります。消費者は経済産業省から認可を受けた小売事業者の中から、契約する事業者を選ぶことができるようになりました。

登録ガス小売事業者

都市ガス乗り換え

都市ガスの乗り換えは、プロパンガス以上に簡単です。宅内のガス機器、建物内や地下を通るガス管はすべて今まで通りで、物理的な部分での変更は一切ありません。
イメージでは単にガス代の支払先が変わるのみと言っても良いでしょう。

さらに賃貸住宅にお住まいの方もオーナーの許諾なく変更することが可能です。
プロパンガスは一棟ごとの契約であるため、一部屋ごとに違うガス会社と契約することができませんが、都市ガスは一部屋ごとに異なるガス会社と契約することができます。
またガスだけではなく、多くの事業者では電気とのセット販売を行っており、よりコストダウンを図ることができるようになりました。

これまでは独占供給が認められていた都市ガスと電力が2016年、2017年と相次いで自由化されたことにより、エネルギー業界全体が活性化されている状況です。ランニングコストを抑えたいと考えている方は、ぜひガス・電力の乗り換えをご検討ください。

初期費用は無料

都市ガスの料金プランは電気とセット割や、エコジョーズなど使用している機器に応じた割引など、供給する企業によって異なりますが、どのプランを選択したとしても初期費用(切り替え費用)が発生することはありません。
企業によっては契約期間があるプランもありますが、多くの場合には制約期間なども無いため、気軽に変更することが可能です。

オーナーの許諾不要、原状回復の必要なし

都市ガスの切り替えは賃貸住宅、また集合住宅にお住まいの方でも可能です。上述したように切り替えに際して、基本的にメーターなどの機器に触れることがないので所有者の許諾を得る必要がありません。また引っ越しにより解約する場合にも、切り替えた先の小売事業者に解約の連絡をするのみで、元の事業者に連絡しなければならないなど面倒な作業はありません。入居者の意思のみで申し込みから開通までを完結させることができるのです。

金額差は少ない

プロパンガスは公共サービスではなく自由料金である一方、都市ガスは経済産業省によって管轄される公的なサービスであるため、元々自由料金ではありません。
料金設定は法律によって管理されており、特定の顧客のみ高くする、または特別扱いで安くするなどの行為は禁止されています。つまり都市ガスは、すべての顧客に対して同条件で料金プランが決定されるのです。

元々必要以上に高い料金にすることができないようになっているので、乗り換えた際の金額差も大幅に安くすることは難しいという特徴があります。
ただ逆に考えると、契約した後に値上がってしまい料金差が無くなってしまったなどという心配も無いため、安心してコストダウンを図ることが可能です。

例外はありますが、ほとんどのお宅でガス代を安くすることを見込むことができます。毎月かかるガス料金、電気料金を安くしたいと考えている方は、変更した場合の料金を知っておくべきでしょう。
ご検討される際には、お気軽に当社までご相談ください。

都市ガス問い合わせフォーム