多摩市多摩ニュータウン
多摩ニュータウン
このページのプロパンガス料金表は、多摩市内で当社がご案内可能な最低価格となります。

多摩市にお住まいでプロパンガスの料金についてお悩みの方に、地域の最安値や平均価格・お役立ち情報などを掲載し、プロパンガス料金の見直しをお勧めしています。ご自宅でプロパンガスをご利用中のお宅は、ぜひ下記の平均価格・最安値価格と現在のご自宅の料金を比べてみてください。

当社ではプロパンガス事業者の変更をお手伝いしております。費用は無料で、当社からご紹介可能なプロパンガス事業者へ取り次ぎいたします。下記の料金をご覧になって少しでも気になった方は、ぜひお気軽にご相談ください。電話での対応はもちろん、メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
ガス会社切り替えだけでなく、新たに多摩市へお引越しされる方の予約も受け付け可能です。

プロパンガスは個々のお宅で料金が異なるという特殊な料金体系であるため、お客様一人ひとりが気を付けなければ、料金が高騰してしまう危険性を持っています。小まめに他社の料金と比べて、ご自宅の料金が高い部類なのか、安い部類なのか、平均値なのかをチェックすることをお勧めします。

下記の最安値価格は、当社が提携しているプロパンガス事業者の中で、最も安い価格で提供している事業者のものを掲載しています。地域のプロパンガス平均価格につきましては、公表されているデータを基に算出していますので、比較する際の目安にしてください。

尚、多摩市内にお住まいの方でも、エリアやご契約中のプロパンガス会社によっては、最安値でのご案内ができかねる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページには一戸建てにお住いの方用のプロパンガス料金を掲載しています。アパートやマンションなどの集合住宅にお住いの方は、こちらのページに詳しく記載しています。

東京都全体のプロパンガス料金ページに戻る

多摩市で都市ガスをご利用中または申し込み予定の方は、別ページで切り替えなどに関して解説しています。
多摩市の都市ガス切り替え

多摩市のプロパンガス料金を比較

東京都多摩市のプロパンガス平均価格

単位は全て(円)

基本料金:1,468 従量料金:450円
ご使用量 ご請求額
5㎥ 4,131
10㎥ 6,568
20㎥ 11,321
50㎥ 24,261

※出典:「石油情報センター」東京都南多摩平均価格から計算しています。

※従量料金は20㎥の合計金額から算出(小数点以下は非表示)

矢印

当社が多摩市でご案内可能なプロパンガス価格

基本料金:1,500円 従量単価:280円
ご使用量 ご請求額(税込)
5㎥ 3,190
10㎥ 4,730
20㎥ 7,810
50㎥ 17,050

詳しい料金表は以下をご覧下さい。

地域のプロパンガス最低料金

基本料金:1,500円 従量単価:280円
 ご使用量 ご請求額(税込)
5㎥ 3,190
6㎥ 3,498
7㎥ 3,806
8㎥ 4,114
9㎥ 4,422
10㎥ 4,730
11㎥ 5,038
12㎥ 5,346
13㎥ 5,654
14㎥ 5,962
 15㎥ 6,270
 16㎥ 6,578
 17㎥ 6,886
 18㎥ 7,194
 19㎥ 7,502
 20㎥ 7,810
 21㎥ 8,118
 22㎥ 8,426
 23㎥ 8,734
 24㎥ 9,042
 25㎥ 9,350
 30㎥ 10,890
 35㎥ 12,430
 40㎥ 13,970
 45㎥ 15,510
 50㎥ 17,050

Inquiry

Webform


アパートやマンションなど集合住宅にお住いの方はこちらをご覧下さい。

多摩市でプロパンガス事業者を乗り換え

多摩市の多摩モノレール
多摩モノレール
料金表をご覧になっていかがでしたでしょうか?

東京都多摩市のプロパンガス平均単価と、当社がご案内可能なプロパンガス最低料金を比較して頂くと、かなりの差額が出ることがご理解頂けるかと思います。

プロパンガスは供給する会社によって、料金が大きく異なるという特徴を持っています。事業者が料金を設定する際、国や自治体などに許可を得る必要がないため、事業者が自由に料金を決めることができるのです。それ故に、高い金額の事業者と安い金額の事業者が現れることになった結果、上記のような大きな金額差につながってしまいます。

もう1点、プロパンガスの大きな特徴として挙げられるのが、個々のお宅によって料金が異なるという点です。同じプロパンガス会社と契約しているお宅でも、異なる従量料金が設定されるということが、通常に行われる業界です。
また、従量料金の変動も頻繁に行われるため、プロパンガス利用者は、それぞれのお宅で料金に注意する必要があるでしょう。料金を気にしていなかった結果、気づいたら高くなってしまっていたというケースが非常に多く見受けられます。
ご自宅の料金が適正価格なのかどうか、他社に変更した場合、料金は安くなるのかどうかを定期的にチェックするようにしましょう。

通常のケースでは、事業者を切り替える際に費用は一切かかりません。すべての手続きを無料で行うことができます。また、ガス機器の変更や設定なども必要なく、手続きも非常に簡単です。

上記の最安値料金とご自宅の料金の差額が大きかったお宅は、ぜひ事業者の変更をご検討ください。当社は優良なプロパンガス会社と提携していますので、お乗り換え後も急激に値上げされるようなことはありません。

ご連絡頂く際は、

  • 東京都多摩市に続く町名
  • 現在ご契約されているプロパンガス会社
  • 直近のプロパンガスご使用量、ご請求額
  • ご自宅が持家か賃貸かどうか

以上を伺うことになりますので、あらかじめ利用明細をご用意頂けますとスムーズにご案内可能です。

東京都全体のプロパンガス料金ページに戻る

プロパンガスは無料で乗り換えられる

毎月の料金が安くなるのは嬉しいけど、初期費用など事業者を変更する際にかかる料金について気になっている方が多いかもしれません。
一般のケースでは、プロパンガスの会社切り替えの際に料金はかかりません。旧事業者に支払う違約金などから、新事業者に支払う工事費用・登録手数料などは、通常の契約では制限を設けていないため0円です。すべての手続きを無料で完了させることができます。

従って、いつでも、何度でも、無料で会社を変更することができます。
プロパンガス業界は、料金が不透明な部分や、適正な取引が行われていないことが問題になることも多いのですが、一方でこのように消費者が自由に切り替えられるという良い部分も持っています。
お客様の考え方は様々あるかと思いますが、気に入らなかったら変更すれば良いという考え方が成り立ちますので、当社としては安い事業者があれば積極的に切り替えることをお勧めしています。

例外のケースとして、新築物件の場合や、給湯器などのガス機器を事業者から無償で提供されている場合などでは、設備費用をサービスとするかわりに、違約金付きの複数年契約を結んでいることがあります。
心あたりのある方は、契約書をご確認いただくか、契約中のガス会社にお問い合わせください。

最安値料金の継続期間

このページに記載している料金は、新規で契約されるお客様に適用される最安値料金となります。それでは契約した後の料金変動についてはどのようになるのでしょうか。

まず、新規の料金は一定期間継続され、値上げされることはありません。目安としては1年前後の期間となります。
継続期間が終了した後は、プロパンガス仕入れ価格の上下に比例させる形で、お客様への従量料金を変動することになります。
つまり、仕入れ価格が上昇した時には値上げを行いますが、仕入れ価格が下落した場合には、それに準じて従量料金も下げることになります。理由がなく値上げされることはなく、適正価格内で運用されることになりますので、ご安心ください。
繰り返しますが、急激に値上げされるようなことは、絶対にありません。

※料金の変動方針については、最終的にはガス会社の判断によって決まります。当社は優良な企業と提携しておりますが、詳しい内容についてはガス会社によって若干の差異があります。お問い合わせいただいた後に、ガス会社へ取り次ぐことになりますので、詳しくはその時にご確認ください。

多摩市のガス会社を探す

プロパンガスの事業者数は、日本全国で2万社ちかくに上ります。お客様ご自身で事業者を探す場合には、1社1社問い合わせなければなりません。お客様のご自宅まで提供可能で、なお且つ安い事業者を探すとなると、かなり手間がかかってしまうと考えられるでしょう。
またプロパンガスの事業者は、新規の料金を簡単に開示しない傾向にあるため、1社の料金を確認するだけでかなり時間を取られてしまうかもしれません。
当社へご相談いただけましたら、その作業を一元化し、一度で終わらせることが可能です。お客様宅に提供可能で、最も安い料金で供給可能な優良会社をご紹介しています。
もちろん、費用はかかりませんし、当社経由で申し込んだからといって、その後の料金が上がりやすいなどということは一切ありません。
プロパンガスの料金に関してお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

Inquiry

Webform

多摩市のプロパンガスと都市ガス

多摩市は東京都南部の市です。市域は多摩丘陵内に位置しているため、やや起伏に富んでいて、東京都内の都市としては比較的自然に恵まれています。
多摩市は1971年に市制施行されて誕生した市ですが、多摩ニュータウンや桜ケ丘住宅といった計画的に開発された住宅都市として有名です。この住宅地はどちらも市制が施行される前の、1960年代から計画・開発がはじまりました。
特に多摩ニュータウンは有名で、市民の方でなくても聞いたことがあるという方は多いでしょう。1965年に都市計画が決定されて以降、この地区の人口は飛躍的な上昇を見せています。
多摩ニュータウンは多摩市のみではなく、周辺の町田市・稲城市・八王子市にまたがる東西におよそ15km、南北に5kmほどの面積を持つ日本最大規模のニュータウンであり、中心地区は多摩市内の多摩センター駅の周辺となっています。
もともと多摩ニュータウンの開発が計画されたのは、戦後の高度経済成長期において、東京都の人口が急増すると同時に住宅不足が深刻化したことがきっかけで、東京都内外の郊外都市が乱開発されることを抑えようと意図したものです。
開発途中オイルショックやバブル崩壊などにより住宅不足問題も解消されるなど、経済情勢が大きく変化する中でも開発は続けられ、2010年の時点では、計画人口342200人に対し多摩ニュータウン全体で216400人と63%ほどの達成率となっています。
計画的に開発された都市とあって、その街並みは一定の評価を得ており、東洋経済が発表している住みよさランキングでは多摩市が毎回上位にランクインしています。

多摩市内のガスは全域で東京ガスが都市ガスの導管を配備しています。多摩ニュータウンをはじめとして、都市ガス利用率が高い地域ですが、市内全域で見るとプロパンガス利用宅は少なからずいらっしゃる状況です。
一般的には都市ガスは安く、プロパンガスは高いというイメージが定着していますが、一戸建ての料金を比較すると、実は両者にはそこまでの金額差はありません。東京ガスの一般プランとこのページに記載している最安値料金を計算してみると、確かに都市ガスの方が安いのですが、大きな差にまでは至らない程度の額です。
ただ、プロパンガスの場合は、料金の変動幅が都市ガスに比べて大きいことや、個々のお宅で料金が違うという特徴があります。一方で災害時などでも利用することが見込める点など、プロパンガスにもメリットがあるため、どちらが良い悪いと判断するものではないのかもしれません。
しかし、従量料金がお宅によって違うという点は、明らかにプロパンガスのデメリットであり、高騰してしまう危険性があります。利用者としては常に料金に気を付ける必要があると言えるでしょう。