プロパンガス供給図プロパンガスと都市ガスは、ご存知の通りどちらもライフラインのサービスです。
オール電化のお宅以外は、どちらかのサービスを利用されている方がほとんどでしょう。
今回は、この二つのサービスの違いについて解説していきたいと思います。

供給方法が違う

プロパンガスと都市ガスの違いは様々ありますが、最も大きな違いとしては供給方法でしょう。(私の考えでは)

プロパンガスはガスを液化し、ボンベに詰めて各家庭に配送します。
一方都市ガスは地下の導管を設備し、その導管を通じて気体のまま各家庭に供給されます。

プロパンガスは物理的にボンベを置くことができれば供給可能なのに対し、都市ガスはその場所までガス管を引かなければ供給はできません。

全て都市ガスで統一すれば良いんじゃないかと思う方がいるかもしれませんが、都市ガスの配管には大きな金額が必要となります。
たまに道路で見かけるガス工事は、この都市ガス関連の工事です。
金銭を負担するのが、ガス会社、ガスを使用する家庭、行政と色々考えられますが、日本全国をカバーすることは到底難しいというのが現状です。

ガス会社が選べるかどうか

プロパンガスが既に自由化されているのに対し、都市ガスは自由化されていません。
つまりプロパンガスは携帯電話やインターネット、電気などと同じように、各家庭で自由に契約会社を決めることができますが、都市ガスはそのエリアで決まったガス会社と契約するしか選択肢はありません。

また、ガス料金もプロパンガスは完全自由化なので、ガス会社によっても単価の差がありますし、同じガス会社ユーザーでも各家庭によっても異なります。
一方都市ガスは、ガス料金が統一されています。同じガス会社で契約している家庭であれば、必ずガス単価は同一となります。

都市ガスは競争力が無いと言われれば、そうかもしれませんね。

ただし、2017年4月に都市ガスも自由化を予定しています。
予定通りに実施されれば、都市ガスユーザーの方も2017年4月から自由にガス会社を選ぶことができるようになります。

電力自由化に関しては、乗り換える方があまり多くないとも言われていますが、果たして都市ガス自由化はどうなるでしょうか。
家庭によっては少なくとも安くなる可能性があるはずですので、都市ガスを利用されている方は、ガス料金を見直してみても良いでしょう。

原料が違う

プロパンガスはプロパンやブタンを主成分とした液化石油ガスを使用しています。
都市ガスはメタンを主成分とした天然ガスを使用しています。

同じガスと言っても成分が異なります。ちなみにどちらも大半を海外から輸入しています。

使用する分には日によってどちらにするか使い分ける訳ではないので、さほど重要な要素ではないかもしれませんが、新築などでどちらのガスにしようかと考えている方もしらっしゃるかと思いますので、以下に熱量の違いを記載します。

熱量が違う

熱量が違うと言われてもピンと来ない方もいるかもしれませんね。
わかりやすく言えば、お湯を沸かそうとして、やかんに水を入れて火を付けます。お湯が沸騰するまでに使用するガスの量がプロパンガスの方が少なく済みますが、都市ガスの方は多いです。都市ガスの方が多いというのは、あくまでも二つを比べた場合の話です。
どれぐらい違うかというと、およそ2倍以上の差があります。単純計算ですが、プロパンガスでひと月20㎥使用している家庭が、都市ガスに乗り換えたとしたら同じ内容で使用したとして40㎥以上になるということになります。
新築や乗り換えをご検討中の方はわかりやすい外部サイトがあるので、ご覧下さい。都市ガス会社の中部ガス様のサイトです。
http://www.chubugas.co.jp/simulation/city_gas/

このサイトによると、およそ2.2倍の差があるようです。会社によって原料に若干の差がある可能性も考慮しなければいけないので、あくまでも参考までにですが、同じ使い方をした場合【プロパンガス10㎥=都市ガス22㎥】という計算になります。両者の比較をされたい方はこの点にご注意下さい。

こういった熱量に関する事情があるので、中華料理店などの火力を必要とする店舗などでは、あえてプロパンガスを使うということもあるようです。また、使用するガスが大量になるので、一般家庭とは違って特別割引をされているというケースもあります。

単価(料金)が違う

一般的に都市ガスは安くて、プロパンガスは高いというイメージを持たれている方が多いかと思います。
結論から言うとそれは事実です。
このサイトでもプロパンガスの最安値の料金表を掲載していますが、それでも都市ガスの方が安いです。
細かい料金の差についてはガス会社によってプランが様々ですので、割愛させて頂きます。

なぜプロパンガスの方が高いのかという原因は供給方法にあります。
前述したように、都市ガスは既に整備されているガス管を通じて各家庭にガスを供給します。
一方プロパンガスは、ガスを入れたボンベを配送車が運び、各家庭のボンベを交換する作業があります。
ボンベを持ったことがある方はわかると思いますが、相当重いです。
慣れているガス会社の方は一人で作業できるようですが、これを各家庭にと考えると腰が心配になります。

つまりプロパンガスは、人件費を含め、コストがかかるということです。
ただし、その分過疎地でも山奥でも運搬さえできればガスが使えるというメリットがあります。

捉え方によりますが、プロパンガスがなければガスが使用できないということにもなりますので、ガス会社の方には感謝です。

その他

都市ガスは公共料金扱いになります。一方でプロパンガスは自由ですので、公共料金としては扱われません。

都市ガスは空気より軽いのに対し、プロパンガスは空気より重いです。
どちらも本来は無臭ですが、ガス漏れ時にすぐ気づくよう匂いを付着しています。